アーセナルとケルンのEL初戦で観客トラブル…1時間開始遅れる

写真拡大

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第1節が14日に行われ、アーセナルはホームのエミレーツ・スタジアムで日本代表FW大迫勇也の所属するケルンと対戦した。

 試合は、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表DFセアド・コラシナツ、チリ代表FWアレクシス・サンチェス、スペイン代表DFエクトル・ベジェリンが1得点ずつ記録し、アーセナルが3−1でケルンを下した。

 しかし、試合開始前には観客トラブルでスタジアム場外は騒然。その影響により、試合開始が予定より1時間遅れたようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が14日に報じている。

 トラブルの原因は、数千人のチケットを持たないケルンのサポーターがエミレーツ・スタジアムに押し寄せたため、チケットを持つサポーターがスタジアムに入ることができず、場外が大混雑、大混乱になったことのようだ。ケルンサポーターはアーセナルサポーターやロンドン警察と衝突した模様。当初、現地時間午後8時5分(日本時間15日午前4時5分)にキックオフの予定であったが、アーセナル側が「観客の安全」を理由に、試合開始を1時間遅れさせる対処を施し、午後9時5分(同午前5時5分)に試合は開始された。

 数千人のチケットを持たないケルンのサポーターが押し寄せた原因は、約2万人のケルンのサポーターがロンドンに訪れたにも関わらず、アウェー用のチケットがわずか3000枚しか用意されていなかったからだという。

 ロンドン警視庁は声明を出し、「4人を公務執行妨害で逮捕した」と発表している。