無印良品では、様々な収納アイテムを展開しています。本記事では、自身も“無印収納”を愛用している整理収納コンサルタント・森山尚美さんに、オススメのアイテムと活用ワザを教えてもらいました。

 

 

【その1】

 

高さ違いの展開で様々なクローゼットのスペースに対応!

ポリプロピレンクローゼットケース・引出式・シリーズ
1200円〜

クローゼットのスペースを有効利用できるケース。「高さ違いで展開があり、用途に合わせてほかのサイズも選べます。他メーカーの収納ケースよりも凹凸が少なく、たくさん収納できます」(森山さん)

 

【活用例】

掛けた服の足元に「クローゼットケース(※)」を重ねてスペースを有効利用。「シャツ用」「ズボン用」などといったアイテムごとに分けています。(※:写真には旧型の製品も含まれます)

 

【その2】

錆びにくく長持ちするステンレスバスケット

18-8ステンレスワイヤーバスケットシリーズ
1700円〜

錆びにくいステンレス製のバスケット。持ち手を内側に収めれば、積み重ねも可能。「美しいデザインと、中身がひと目でわかる点でお気に入りです。脱衣所のタオル収納などにもオススメです。」(森山さん)

 

【活用例】

靴下収納に「ワイヤーバスケット」を使用。探す手間が省けるうえ、置いてあるだけでオシャレに。クローゼットでは、浅いタイプがオススメ!

 

【その3】

中身が透けて見えてわかりやすいふた付き収納ケース

ポリプロピレンキャリーボックス・ロック付シリーズ
700円〜

ふたにロック機能が付いたキャリーボックス。半透明で中身が確認しやすいです。「オフシーズンの服や、普段出番の少ない服飾小物を入れています。ロックが付いていて、持ち運びもしやすいですね」(森山さん)

 

【活用例】

使う頻度の低いものは「キャリーボックス・ロック付」に収納。ロックがあるため、ホコリが入らず、高い位置にあっても取り出しやすいです。

 

 

【解説してくれた人】

整理収納コンサルタント

森山尚美さん

「SIMPLUS」主宰。個人宅のお片付けレッスンや、各種講座、おうちセミナーを開催しています。