マルセイユに所属する酒井宏樹【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間14日、ヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第1節の24試合が各地で開催された。

 今夏の移籍市場でハカン・チャルハノールやアンドレ・シウバなど合計11人を補強したミランはオーストリア・ウィーンと対戦し5-1の勝利をおさめた。シウバがハットトリックを達成する活躍を見せている。



 マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹はフル出場を果たし、トルコ1部コンヤスポルとの試合でチャンスを演出し、1-0の勝利に貢献した。ケルンの日本代表FW大迫勇也はアーセナル戦で途中出場しELデビューを飾ったが、チームは1-3の敗戦を喫している。

 今回行われた24試合の結果は以下の通り。

ビジャレアル 3-1 アスタナ

スラヴィア・プラハ 1-0 マッカビ・テルアビブ

ディナモ・キエフ 3-1 スカンデルベウ

ヤング・ボーイズ 1-1 FKパルチザン

ホッフェンハイム 1-2 スポルティング・ブラガ

イスタンブール・バシャクシェヒル 0-0 ルドゴレツ

オーストリア・ウィーン 1-5 ミラン

NKリエカ 1-2 AEKアテネ

アタランタ 3-0 エバートン

アポロン・リマソル 1-1 リヨン

ズリーン 0-0 シェリフ・ティラスポル

FCコペンハーゲン 0-0 ロコモティブ・モスクワ

ハポエル・ベア・シェバ 2-1 FCルガノ

ステアウア・ブクレシュティ 3-0 ビクトリア・プルゼン

レッドスター・ベオグラード 1-1 BATEボリソフ

アーセナル 3-1 ケルン

マルセイユ 1-0 コンヤスポル

ビトリア・ギマランエス 1-1 ザルツブルク

FCゾリャ・ルハーンシク 0-2 エステルスンドFK

ヘルタ 0-0 アスレティック・ビルバオ

ズルテ・ワレゲム 1-5 ニース

フィテッセ 2-3 ラツィオ

ヴァルダウ 0-5 ゼニト

レアル・ソシエダ 4-0 ローゼンボルグBK

text by 編集部