北朝鮮は9月15日、ミサイルを発射した。写真は8月29日に発射された中距離ミサイル。(STR/AFP/Getty Images)

写真拡大

 政府は、15日朝6時57分ごろ、北朝鮮がミサイル1発を発射し、7時4分ごろから6分頃に北海道の上空を通過したと発表した。7時16分ごろ、襟裳岬の東から2000キロの太平洋上に落下したと推定している。 

 韓国軍によると、発射されたミサイルの最高高度は約770キロメートル、飛距離は約3700キロメートルだった。米太平洋軍は北朝鮮が発射したのは中距離弾道ミサイル(IRBM)との初期の分析結果を発表した。

 菅官房長官は記者会見で、現時点で日本の領域への落下物は確認されておらず、付近海域と空域での船舶と航空機などの被害情報はないとした。

 7時00分、北海道、青森県、岩手県、宮城県など東北地区を中心に、Jアラートが発信された。ミサイルの落下や爆発に注意を呼び掛けた。

 北朝鮮国営朝鮮中央通信は14日に、11日国連安全保障理事会(安保理)で採択された追加制裁決議に強く反発する声明を発表し、「取るに足らない日本列島の4つの島を核爆弾で海中に沈めるべきだ」「アメリカの本土を灰と闇に変えよう」と威嚇した。

 北朝鮮に影響力を持つ中国当局とロシアも、米国が主導した追加制裁に同意した。

(編集・福田 春代)