米太平洋軍「北米やグアムに脅威を与えず」

写真拡大

 アメリカ太平洋軍は声明を発表し、北朝鮮から発射されたミサイルは「中距離弾道ミサイル」だとの初期の分析を発表した。また、「この弾道ミサイルは北米やグアムに脅威を与えなかったと判断した」との結果を伝えた。

 その上で、「我々は引き続き北朝鮮の行動を注視する」として、「脅威に直面している韓国や日本を含む同盟国の防衛へのコミットは引き続き強固だ」「我々は、引き続きいかなる攻撃や挑発行為からアメリカと同盟国を防衛する用意がある」と強調している。