彼らが実際にどこを狙って発射したのか我々日本人には判らないため、これ以上早くすることも、遅くすることもできません。技術的な問題ではないのです。現在のJアラートは日本に落ちる可能性が出た瞬間という、考えられるベストなタイミングで発せられているのです

写真拡大

◆「自衛隊ができない20のこと 12」

 9月15日、北朝鮮によるミサイル発射が行われました。軍事的脅威がますます大きくなっています。9月3日の核実験は、CTBTの分析で「水爆であった可能性が否定できない」とされました。広島型は15キロトン、長崎型が21キロトンの破壊力でしたが、それをはるかに超えた70キロトンの威力を持つものだったと言われています。広島・長崎の原爆をはるかにしのぐ核兵器の実験が行われたということです。

 北朝鮮はすでに核弾頭の小型化を終え、ICBMの発射実験も多数行い、その精度を上げています。しかも、今回の核実験は水爆の実験だったと主張しています。私たちもいよいよイザというときの準備をしなければならないようです。

 我が国は、海上自衛隊によるSM-3という成層圏での迎撃システムと、最終フェーズを撃ち落とす航空自衛隊のPAC-3という弾道ミサイル迎撃システムを持っています。しかし、どちらも機械ですから、能力限界があります。各々の迎撃システムを中心とするドーム状の限られた射程範囲があり、当然ですが射程範囲外のミサイルを撃ち落とすことはできません。また、上昇中のものや水平に飛んでいるものは撃ち落とせません。あくまでも下降中のフェーズを撃ち落とすシステムです。日本は2重の弾道ミサイル迎撃手段を持っていますが、3重のSM-3、THAAD、PAC-3というミサイル迎撃態勢を持つ米国でも弾道ミサイル避難訓練をしているのです。備えあれば憂いなし、どんなに警戒しても「ゼロリスク」は幻想です。

 自衛隊は私たちを守るため昼夜ミサイルに目を光らせ、その動きに合わせた対応をしています。また、ミサイルの加速の様子をとらえ、現代の空襲警報である緊急警報システム(Jアラート)発令のための情報を伝えるのも重要な任務です。

 自衛隊は、台風や地震などの災害時には救難や災害復興等で私達のそばにいて助けてくれますが、軍事攻撃があった場合には正面から対処しなくてはならないために、私達の身近からいなくなることも考えられます。自衛隊はたとえ有事には救助に来られないとしても、私たちが生きるために必要な警報の元になる情報を伝えたり、ミサイルを迎撃したりしてくれているのです。貴重な情報を生かし、ミサイル攻撃が現実になった時に備えて、私達一人ひとりがそれぞれに生き延びる対策をしておきましょう。

 私達は地震や台風、竜巻などの自然災害が突然襲い掛かってきた時にどうするべきかを考えることには慣れています。それと同じように、弾道ミサイル攻撃にどう対処するのかについても事前に考えておかないといけません。いざ危機に直面すると身近な所に原因があるのではないかと考えがちですが、これは日本の政治のせいでありません。近隣諸国の軍事情勢の変化によるものです。日本が望むと望まざるとに関わらず、周りの国が軍事大国になり、ミサイルや核攻撃をしかけてくる時代になってしまったのです。その過酷な現実を受け止めないといけないのです。

 自然災害についての防災グッズや避難場所の確認はできても、弾道ミサイル攻撃からの避難は荒唐無稽な話と捉えがちです。実際、8月29日に現代の空襲警報とも言うべきJアラートが鳴りました。アンケートによると多くの人はJアラートが鳴っても、弾道ミサイル着弾までのたった数分の間に何をしてよいかがわからなかったために、結局は何もしなかったと答えています。

 北朝鮮から発射された弾道ミサイルは、15分もあれば確実に日本に着弾します。わずかな時間の中でやるべきことは、事前に準備しておかないとすぐには実行できません。弾道ミサイルが我が国の領土に着弾する可能性があると判断された場合にJアラートは、鳴ります。ミサイルは加速を続け領土を飛び越えて遠くの海に着水するかもしれないし、あるいは迎撃が失敗し、本当にあなたのすぐ近くに着弾するかもしれません。Jアラートが与えてくれるのはたった数分間の猶予ですが、この数分間の動きが生死を分けることになるのです。