【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は14日、日本と中国、韓国を11月に歴訪すると明らかにした。

 大型ハリケーン「イルマ」の直撃を受けた南部フロリダ州の被災地を視察後、ワシントンに戻る専用機の機中で記者団に語った。訪問先でそれぞれ首脳会談を行い、北朝鮮への対応や貿易赤字の問題について協議する。具体的な日程には言及しなかった。

 トランプ氏は北朝鮮問題に関し、「中国と習近平国家主席とは非常に良好な関係にある」と述べた上で「中国とは様々なことに取り組んでいる。内容は言えないが、米国民はとても安全になる」と強調し、対北圧力での連携強化に向けた具体策を探っていることを示唆した。

 トランプ氏はまた、11月にベトナムのダナンで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議と、フィリピンでの東アジア首脳会議(EAS)に参加するかどうかに関しては確定していないと指摘。一方で「忙しい10日間になる」と語り、アジア歴訪が比較的長期にわたることを示唆した。