活動休止から再開、そして映画制作。アバンティーズがYouTubeの枠を超え勝負をかける!

YouTubeに作品をアップすることを生業とする者をYouTuberと言うのなら、ネット全盛のこの時代にあえてYouTubeの枠を飛び出し、劇場映画で勝負する彼らを何と呼ぶべきか? 突然の活動休止宣言に活動再開、そして、映画『スクールアウトサイダー』(8月31日公開/9月16日よりネット配信)の公開。そのかたわらで現在も毎日、動画をアップし続け、休止前を上回る精力的な活動を続けるアバンティーズ。そらちぃ、エイジ、ツリメ、リクヲが4人そろって登場し、激動の2017年のすべてを激白する。

撮影/平岩 享 取材・文/黒豆直樹 制作/iD inc.
ヘアメイク/ヌマ☆ヌマ

ドラマ『ペン権』が終了して…物足りなさを感じていた

そらちぃさんエイジさんは、過去に個人で1回ずつ、さらに昨年末にはふたりでインタビューに登場していただきましたが、4人そろっての登場は今回が初めてになります。
一同 よろしくお願いします!
時系列順にお話をうかがいたいと思いますが、昨年末のインタビュー時点で、そらちぃさんは、自身の脚本・演出による新作のドラマを作るということを宣言されていました。クリスマスの配信に向け「脚本を書かなきゃ!」と…。
エイジ そんな時期でしたっけ?
そらちぃ ちょうどブラックな時期でしたね(笑)。
新しい年に向けて意気込みを! と思っていたら、ほぼ反省会で…(苦笑)。
エイジ そうだそうだ(笑)。
▲そらちぃ
▲エイジ
そこでおっしゃっていた新作は、今回の映画ではなく、2017年にアバンティーズのチャンネルで配信されたドラマ『ペンは権よりもツヨシ』ですね。
そらちぃ そうです。クリスマスから遅れて、正月に合わせて公開になって(苦笑)。1月1日に第1話をアップして…。
同作に関して、手応えは?
そらちぃ 正直、可もなく不可もなしというか…。終わってみて、物足りなさを感じてましたね。
エイジ そういう気持ち、あったんだ!?
リクヲ やりきっていない感じ?
そらちぃ そう、それ! やりきった感じがなくて。
▲リクヲ
▲ツリメ
高校を舞台にした青春ドラマでした。そらちぃさん、エイジさん、リクヲさんの3人は出演されていますが、ツリメさんだけが出てないのは…。
そらちぃ テストがあったりして、ツリメだけ日程的に出られなかったんです。
リクヲ それでも当初は、少しでもいいから出そうって話してたんだよね? でも、どうしても時間がとれないって。
ツリメ 知らないあいだに撮影してて(苦笑)。Twitterを見たら、「撮影してる」ってツイートがあったのでびっくりしました。何の撮影? って(笑)。
かなり短期間での制作だったんですか?
そらちぃ 撮影で2日間かな?
エイジ 脚本は間に合ってなかったしね(笑)。前日とか撮影当日に「これ覚えて」って。覚えたら撮影(笑)。でも、物語はよかったんじゃない?
リクヲ 面白かったと思う。
そらちぃ いやぁ…『ペン権』はあんまり思い出したくない(苦笑)。いまに懸けてるから! いま!(笑)

停滞気味な流れに終止符を…活動休止がもたらした影響

1月に『ペン権』が配信され、それから約半年後の6月18日、約1カ月の活動休止が発表されました。この半年間については…?
そらちぃ いろいろ考え抜いた末に、そういう結論になったんですが、一番大きかったのは、『ペン権』をやってみて、もう一回、しっかりと映像作品をやりたいって気持ちが芽生えたこと。それと、なんとなく停滞気味だった流れに終止符を打ちたくて、一度、ちょっと休んでみようと。
昨年末のインタビューでも、なかなか上昇気流に乗れず、苦しんでいるということをおっしゃっていましたが、年が明けてからもその流れは変わらなかった?
そらちぃ そうですね。やりたいことはいろいろあったけど、なかなか…。
エイジ 去年、お話を聞いていただいた時期も、この先どうするかってすごく考えていて、そのあともずっと考えて、考えて…。どういう形であれ、なんとか立て直したいって気持ちで、そこで出た結論が活動休止だった。
ツリメさんとリクヲさんは、活動休止をどう受け止めたんですか?
ツリメ 正直、僕自身は今年に入って、わりといい感じで動画が撮れてたんですよ。だから自分としては、活動休止って話が出たとき「もしも再開後、いまよりも数字が下がったら?」「伸びが落ちたら?」「自分たちが忘れられるんじゃないか?」って不安はありました。1カ月ってYouTuber的にはかなり長いですからね。
リクヲ 僕はそれまで“なんとなく”でやってきて、わりとナアナアな感じで過ごしてたので、そういう意味でいろいろ考える時間になりましたね。
メンバーのあいだで活動休止を正式に決定した時期は?
エイジ (ネット上での)発表とそんなに離れてないです。少し休むという案は前からあったんですけど、ギリギリまで悩んで、話し合って決めました。
ファンからすると、もしかしたらかなり長期の休止、もしくはそのまま解散となるんじゃないか? という不安もあったかと思います。
エイジ そういうふうに受け取られるのが怖かったので、休止を知らせる動画の最後に復活の日にち(7月15日)を入れたし、前向きなツイートもしてフォローはしていたんですけど、それでも「なんで?」って反応がたくさんあって…(苦笑)。
ツリメ あと、すしらーめん《りく》が加入するんじゃないかって声もね(笑)。(休止発表の)動画にも出てたし。
そらちぃ そこ、めっちゃ勘ぐられたね(笑)。
休止は1カ月ほどというのは、最初の時点で決まっていたんですね。
そらちぃ あくまでも映画作りが前提というのもあったので。
それにしても、休止発表の動画『僕たち活動休止します。』の視聴回数が約112万回。改めて、アバンティーズへの注目度の高さを実感しました。
エイジ 普段の動画よりも再生数が多い(笑)。まあ、チャンネル的にはいいことだし、それだけの人が興味を持ってくれているってことで。
そらちぃ まあ、僕らの色が強い動画でしたね。テキトーな感じとか(笑)。
なぜか、すしらーめん《りく》さんが主演で(笑)。細かい質問ですが、あの血文字は…。
そらちぃ ケチャップです(笑)。
エイジ 3回くらい、書き直してたね(笑)。
実際、休止されて休めましたか? それとも映画の準備などで忙しかったですか?
エイジ 休む前は、多少、楽になるかと思ったけど…あんまり変わんなかったね(笑)。
そらちぃ 休む前よりも頻繁に、というか毎日会ってたし(笑)。それこそ、休止前にも「活動時より忙しいくらいがいいね」という話はしてて、まさにその通り、前向きに休止できたなって思います。
次のページ