【ニューヨーク時事】北朝鮮が北海道上空を通過する弾道ミサイルを発射したことを受け、日米韓3カ国は14日、国連安全保障理事会議長国エチオピアに緊急会合開催を要請した。会合は15日午後3時(日本時間16日午前4時)に非公開で開かれる。日本政府は事態を重大視しており、会合では圧力強化に向けて各国に決議の厳格な履行を求める見通しだ。

 安保理は北朝鮮による先の核実験を受け、同国への原油や石油精製品の輸出量に上限を設け、同国産繊維製品の輸出を全面禁止する制裁決議を全会一致で採択したばかり。緊急会合では決議を無視し、発射を強行した北朝鮮への懸念を共有するとともに、既存の決議の履行徹底を確認し、今後の対応策を検討するとみられる。