スマートフォンアクセサリーを数多く出しているAnkerが、iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xに対応した「KARAPAX」シリーズとして保護ケースと強化ガラス液晶保護フィルムをリリース、早速一部をAnkerからゲットしたので実際に使ってみることにしました。

Karapax by Anker

https://www.anker.com/karapax

「Touch」はiPhone 8用、「Shield」はiPhone 8用とiPhone 8 Plus用の二種類。



iPhone 8の実物はもちろん手元にまだありませんが、iPhone 8とiPhone 8 PlusのサイズはそれぞれiPhone 7/iPhone 7 Plusとほぼ同じ。Ankerの公式サイトでもiPhone 7、iPhone 7 Plusにも使用できるとあるので、今回はiPhone 7で代用。



サイズ表記が「for iPhone 8」ではなく「for iPhone 4.7"」となっています。これは名称の正式発表が直前までされなかったから。



「Touch」はスリムなデザインで、iPhoneがもつ本来のデザインをいかしています。



半透明の黒いTPU(熱可塑性ポリウレタン)という素材でできていて、表面は艶なしのマット仕上げで滑りにくい工夫。少しざらっとした感触が心地よいです。



TPU素材なのでかなりの柔軟性。またわずか22gということもあり、かなり軽いです。



実際に曲げてみた様子は以下の動画で確認できます。

「Anker KARAPAX」の「Touch for iPhone 8/iPhone 7」をぐにゃぐにゃ曲げてみた - YouTube

半透明なので背面のAppleロゴマークもうっすら見えていい感じ。



Lightningコネクタとステレオスピーカーの部分には穴が空いています。



電源ボタンのところは押し込み型。押しやすさも十分考慮。



サウンドのオン/オフスイッチのところは穴が空いていますが、音量ボタンの部分は押し込むようになっています。



カメラレンズ、センサーとライトの部分もちょうど収まるように穴が空いています。



右側面には「KARAPAX」のロゴ。「KARAPAX」はダイヤモンドの「Carat(カラット)」と、亀の甲羅を意味する「Carapace(カラペース)」に由来しているそうです。



こちらは「Shield」。シンプルな「Touch」と異なり、いかにも頑丈そうで無骨なデザイン。



外箱の裏には取り付け方の説明が載っています。



背面には「KARAPAX」のロゴとマーク。隙間の部分からはカーボンの下地が見えていて、艶ありのグロス加工がなされています。



「Shield」も「Touch」と同じくTPU素材でできているので、かなりの柔軟性があります。見た目は頑丈そうなデザインですが、これによってケースのつけ外しも簡単になるだけでなく、握りやすさも得られるというわけ。



実際にぐにゃっと曲げてみた様子は以下の動画で確認できます。

「Anker KARAPAX」の「Shield for iPhone 8 Plus/iPhone 7 Plus」をぐにゃぐにゃ曲げてみた - YouTube

内側には滑り止めの工夫として細かい溝が無数についており、下部には「KARAPAX」のロゴとマーク。



こちらもiPhone 7と問題なくフィット。



「Touch」同様、Lightningケーブルのコネクタとステレオスピーカーの部分には穴が空いています。



電源ボタンは押込式。



「Touch」と同じく、カメラレンズ・ライト・センサーの部分にぴったり穴が空いています。



「Shield」の箱の中には「Happy?/Not happy?」と書かれた紙も一緒に入っていましたが……。



「Amazonでレビューを書いて、SNSをフォローしてね」というメッセージとサポートの問い合わせ先を記したものでした。



「Shield」は「for iPhone 5.5"」、つまりiPhone 8 Plus/iPhone 7 Plus用もあります。



こちらは画面保護用のガラスシートの「GlassGuard」。iPhone 8/iPhone 7用、iPhone 8 Plus/iPhone 7 Plus用、そしてiPhone X用の3種類があります。



iPhone X用は「for iPhone Edition (2017)」となっています。こちらも正式発表直前でのiPhone Xの呼称です。



こちらはiPhone 8 Plus/iPhone 7 Plus用画面保護ガラスシート外箱を開封したところ。黒い無地の内箱には「KARAPAX」のロゴマークが切り抜かれています。



内箱の中には画面を拭くマイクロファイバークロスと……



ホコリ除去用ステッカー、アルコールペーパータオル、フィルム持ち上げ用シール、気泡除去用カード。



そして画面保護ガラスシート。柔らかいウレタン素材で包まれています。



iPhone 7 Plusに重ねてみると見事ぴったり。ラウンドエッジ加工によって、ガラスシートの四隅は丸くカットされています。また、9Hの硬度を誇る強化ガラスで擦り傷にはかなり強く、油分付着を防ぐコーティングもなされているということなので指紋汚れなどにも強そう。



こちらはiPhone X用の画面保護ガラスシート。



なぜかこちらの内箱には細かいストライプの模様。



シートやステッカーと一緒にオレンジ色のプラスチックフレームが入っていました。これはiPhone 8/iPhone 7用、iPhone 8 Plus/iPhone 7 Plus用には含まれていなかったもの。耐久性を考えているようには見えませんが、これはベゼルレスのiPhone Xにガラスシートを貼るための調節フレーム。



フレームにも「KARAPAX」のロゴが刻まれていました。



iPhone X用の画面保護ガラスシートをiPhone 7 Plusと比べてみました。iPhone 7 Plusのサイズは158.2mm×77.9mmなのに対し、iPhone Xのサイズは143.6mm×70.9mm。ディスプレイサイズでは、ベゼルレスであるiPhone Xの5.8インチの方が大きいですが、本体のサイズ自体はiPhone 7 Plusのほうが一回り大きくなっているのでこの違いは納得。



今回レビューした保護ケース「Touch」「Shield」と強化ガラス液晶保護フィルム「GlassGuard」は「KARAPAX」シリーズの第1弾、以降も順次発売予定とのこと。国内からの人気の高いAnkerだけに、今後にも十分期待できます。

なお、「Touch」は税込999円「Shield」「GlassGuard」は税込1,099円で、Amazon.co.jpから購入可能です。またAmazon.co.jpでは発売を記念して、2017年9月15日から9月22日までの2週間は各製品2割引となっています。

Amazon | Anker KARAPAX GlassGuard iPhone X用 強化ガラス液晶保護フィルム【3D Touch対応 / 硬度9H / 飛散防止】 | 液晶保護フィルム 通販



Amazon | Anker KARAPAX GlassGuard iPhone 8用 強化ガラス液晶保護フィルム【3D Touch対応 / 硬度9H / 飛散防止】 | 液晶保護フィルム 通販



Amazon | Anker KARAPAX GlassGuard iPhone 8 Plus用 強化ガラス液晶保護フィルム【3D Touch対応 / 硬度9H / 飛散防止】 | 液晶保護フィルム 通販



Amazon | 【iPhone 8用】Anker KARAPAX Touch マット仕上げ保護ケース (ブラック) | ケース・カバー 通販



Amazon | 【iPhone 8 Plus用】Anker KARAPAX Touch マット仕上げ保護ケース (ブラック) | ケース・カバー 通販



Amazon | 【iPhone 8用】Anker KARAPAX Shield 保護ケース(ブラック) | ケース・カバー 通販



Amazon | 【iPhone 8 Plus用】Anker KARAPAX Shield 保護ケース (ブラック) | ケース・カバー 通販