付け人の肩を借り、国技館を後にする照ノ富士(右)

写真拡大

 カド番の大関・照ノ富士(25=伊勢ケ浜部屋)が大相撲秋場所6日目の15日、左膝の負傷により休場した。照ノ富士は5日目まで1勝4敗。白鵬、稀勢の里、鶴竜の3横綱と大関・高安に続く休場で、3横綱2大関が休むのは1918(大正7)年夏場所以来99年ぶりとなった。

 照ノ富士は6月上旬に左膝を手術し、7月の名古屋場所を途中休場。今場所は初日から2連敗を喫すると3日目に栃ノ心を破って初白星を挙げたが、その後は再び連敗。松鳳山に寄り切られた5日目には古傷の左膝を悪化させ、この日朝に休場を決断した。6日目の対戦相手、正代は不戦勝となる。

 師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)は「朝になって痛みが出て、歩けない状態。歩けないと相撲は取れない。一晩たつとどうしても炎症が出てしまう」と説明した。再出場は難しい状況で、2015年名古屋場所から14場所在位した大関からの転落が濃厚となった。