<ANAオープンゴルフトーナメント 2日目◇15日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
北海道の札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースで開催中の国内男子ツアー「ANAオープン」の2日目。午前7時に競技が始まったが、インスタートの1組目、アマチュアの植竹勇太と中島徹がティショットを打ち終わって池村寛世がアドレスに入った時、コースに全国瞬時警報システム、Jアラートが響き渡った。
竹安俊也が目指すのは“松山体型”?!
北朝鮮のミサイル発射でプレーを邪魔された池村は、まさかの事態に「最初は霧と思いましたが、まさかミサイルとは」と苦笑。即時に競技は中断され、選手、関係者、ギャラリーはクラブハウスに避難した。その後、ミサイルは北海道上空を通過したため、中断から40分後の午前7時40分に競技は再開された。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹の最新順位をチェック!BMW選手権のリーダーボードはこちら
<速報>石川遼、初日6アンダーの好発進【入れ替え戦第2戦】
「パットがよくないと厳しい」尾崎将司、過去7勝の舞台でため息
「視野を広く、コースを広く」 鍋谷太一、父のアドバイスとツキを味方に3位発進
夢は宮里藍とのラウンド 小野田享也が“棒立ちアドレス”で好発進