韓国軍「飛距離は3700キロ以上」

写真拡大

 韓国軍は、北朝鮮が15日午前6時57分頃、平壌市の順安付近から弾道ミサイル1発を発射したと発表した。さらに、飛距離は3700キロ以上で、最大高度は約770キロに達したと判断しているとして、アメリカとともに詳しく分析を続けるとしている。