「総資産が多い国公立大学」ランキングTOP10

写真拡大 (全6枚)


総資産額で3位にランクインした大阪大学(写真は豊中キャンパス)。国公立大学は土地が資産の半分を占めている大学が多い (写真:KAZE / PIXTA)

国公立大学の厳しい懐事情が続いている。多くは運営費交付金という国や自治体からの公費(=税金)で賄っているが、国や自治体の財政健全化や予算の適正配分を名目に、毎年その額は減らされてきているのが実態だ。国の運営費交付金はこの10年間で約10%削減。国公立大学には自主的な財源の確保、資産の効率的な運用などが求められている。

東大の総資産は京大の3倍近い


一方、資産については、法人設立時に大学法人に継承されたが、その資産額は、国立大学法人全体で9.9兆円、公立大学法人全体で1.4兆円、という数字となっている。こうした資産を有効に活用し、教育や研究に活用することが求められている。

かつては、有効活用していない保有資産に対して処分計画や利用計画を策定するように、会計検査院から改善を求められた。また、積立金などを”埋蔵金”と位置づけて、そうしたカネを国費に還元できないか、という議論が出たこともある。

では、各国公立大学の資産規模は、どの程度なのか? 8月29日に配信した「『売上高が大きい国公立大学』ランキング150」や8月15日に配信した「総資産が多い私立大学ランキングトップ200」などで、大学の財務状況についてランキング形式で紹介してきた。今回は、国公立大学の総資産額について、見ていきたい。

対象は、2015年度(2016年3月期)に財務諸表を公表している、150の国立大学法人、公立大学法人が対象だ。国立大学については、独立行政法人が運営する大学校など、国立大学法人以外の大学は対象外とした。また公立大学も、設立されたばかりで財務諸表のない大学や、公立大学法人化されていない場合などは、対象外としている。

1位は東京大学の1兆3961.7億円だ。2位以下に3倍近い差を付けた。ちなみに、私立大学の総資産トップの日本大学が7372.6億円(2015年度)で、こちらにも2倍近い差となっている。

資産の内訳をみると、約6割の8854億円が土地となっている。東京大学は、本郷キャンパスや弥生キャンパス、駒場キャンパスなど、都心の一等地に広大な土地を有している。さらに北海道富良野市にある農学生命科学研究科の演習林(2億2715万屐砲鯢頭に、全国各地に多くの研究所を抱えており、その総面積は3億2600万屬傍擇屐F本の国土の0.1%弱という数字だ。このほかの資産は建物が2013億円、現預金が1110億円、工具機器512億円、図書436億円となっている。

2位は、4989.6億円で、京都大学がランクイン。土地が1654億円、建物が1564億円、現預金が664億円となっている。

3位は大阪大学で、総資産額は4684.6億円だ。土地2225億円、建物1152億円、現預金485億円という内訳になっている。

北大は土地が広くても金額が低い

4位九州大学(総資産4371.5億円)、5位東北大学(総資産4306.0億円)と旧帝大が続くものの、6位には総資産3943.9億円で、筑波大学が入った。内訳は、土地が2485億円、建物953億円。土地の資産額では、京都大学や大阪大学を上回る。

土地の資産が総資産の半分を占めている大学が多い。地価などの関係から、都市部にある大学が総資産額ランキングでは上位を占める傾向となっている。9位東京工業大学(総資産2280.6億円)は東京都目黒区にある大岡山キャンパスなどの土地資産が1389億円、10位の千葉大学(総資産2241.3億円)の土地資産は1654億円だ。

保有する土地が約6億6000万屬函東京大学の2倍以上で東京23区を超える規模となっているのは、7位の北海道大学(総資産2958.7億円)。土地の資産額は1281億円。どんなに土地が広大でも、金額は東大の7分の1という数字になった。

ちなみに公立大学のトップは、16位の首都大学東京で1550.4億円。19位に大阪市立大学(総資産1353.9億円)と続く。公立大学の多くは数億円から数十億円という資産規模で運営している大学も多い。