【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日午前8時、国家安全保障会議(NSC)全体会議を開き、北朝鮮のミサイル発射への対応策を協議する。

 北朝鮮の挑発は、6回目の核実験を受け国連安全保障理事会が追加の制裁決議を採択してから初めてで、国際社会の制裁と圧力に対する反発とみられる。

 北朝鮮はこの日午前、平壌市の順安付近から東へミサイルを発射した。ミサイルは日本の上空を通過したとされる。

 北朝鮮がミサイルを発射したのは先月29日、中距離弾道ミサイル(IRBM)「火星12」を発射してから17日ぶり。