北朝鮮が東に向けミサイル発射=韓国軍

写真拡大

[ソウル/東京 15日 ロイター] - 韓国軍の発表によると、北朝鮮は15日朝、平壌近郊の順安から種類不明のミサイルを東に向けて発射した。

韓国軍合同参謀本部は、米軍と韓国軍が詳細について分析を進めていると説明した。

ミサイル発射を受け韓国は、海へ向けて弾道ミサイルの発射訓練を行ったと発表。韓国大統領府は国家安全保障会議を緊急招集した。

北朝鮮は前日、日本列島を核兵器で「沈める」と警告するとともに、最近の核実験に対して追加制裁決議を行った国連を破壊して「廃墟と暗黒」にすると威嚇する声明を出していた。

日本政府はミサイルが北海道上空を通過し、襟裳岬の東約2000キロの太平洋上に落下したと発表した。飛行距離は約3700キロメートルとみられる。NHKによると、河野太郎外相は、今回のミサイルの射程距離が長く、ICBM(大陸間弾道弾)だと思うと述べた。

*内容を追加して再送します。