障害者スポーツ(パラスポーツ)の魅力を知ってもらう参加体験型イベント「チャレスポ!TOKYO」(都など主催)が、千代田区の東京国際フォーラムで18日、開かれる。

 車椅子バスケットやボッチャなど、約15競技の体験ブースが設けられ、レスリングの吉田沙保里選手や、リオパラリンピック走り幅跳び銅メダルの山本篤選手ら、多くのアスリートも一緒に参加する。

 会場では、まだ着られる衣類をリユース(再利用)し、収益金でパラスポーツを支援する「ふくのわプロジェクト」(産経新聞社主催)による衣類の回収も行う。イベントは午前10時〜午後5時。入場無料。詳細は、http://tsad−portal.com/challespo2017/