付け人の肩を借り、国技館を後にする照ノ富士(右

写真拡大

 ◇大相撲秋場所5日目 ●照ノ富士―松鳳山○(2017年9月14日 両国国技館)

 カド番の大関・照ノ富士が窮地に追い込まれた。松鳳山に寄り切られて早くも4敗目。さらに古傷の左膝も悪化させた。

 負け残りの土俵下から左脚を引きずりながら支度部屋に戻り「前に出たところ(で痛めた)」と説明した。病院での検査で半月板がずれていることが判明したが、師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)によると「(ずれを)治したら痛みがだいぶ引いた」という。照ノ富士が伊勢ケ浜部屋に戻った後に話し合いを持ち、師匠は6日目について「出場します」と明言した。