阿武咲に敗れ、悔しそうな表情を見せる日馬富士

写真拡大

 ◇大相撲秋場所5日目 ●日馬富士―阿武咲○(2017年9月14日 両国国技館)

 3日目に琴奨菊、4日目に北勝富士に敗れていた日馬富士が初顔の平幕・阿武咲にも敗れて3連敗。3日連続の金星配給は、03年名古屋場所の武蔵丸以来となる不名誉な記録になった。

 先に攻めたが、前のめりになりすぎた。横に動かれながらはたかれると、前方宙返りをするように土俵上で1回転し、背中から落ちた。「あ〜あ」と大きな声を出しながら支度部屋に引き揚げると終始苦笑い。「足がついていかなかった。相手は見えていたけど。いい結果につながらなくて残念」と振り返った。

 序盤戦で3敗は、横綱昇進以来初めて。休場も危惧される状況に陥った一人横綱は「続けるしかない。まだ10日ある」と話したが、横審の本場所総見で国技館を訪れた北村正任委員長は「気力がこの後、続くかどうか」と心配した。