会見でフェラーリのキーを披露した岩佐(右)と小林会長

写真拡大

 IBF世界スーパーバンタム級新王者の岩佐亮佑(27=セレス)は一夜明け会見で長期防衛を目標に掲げた。

 岩佐に6回TKOで敗れ、引退を表明した前王者・小国以載(29=角海老宝石)からこの日朝に「最後がおまえで良かった」とLINE(ライン)でメッセージが届いたそうで、「小国さんから奪ったベルトを命懸けて死ぬ気で守っていく」と決意表明。「狙えるのであれば記録も狙ってみたい」と具志堅用高が持つ日本記録の13連続防衛にも意欲を示した。

 スポンサーからプレゼントされる約3000万円のフェラーリのキーも披露。「高級車が似合う王者になりたい」と笑顔だった。