米長官 中国に原油輸出制限の履行求める

写真拡大

 アメリカのティラーソン国務長官は14日、訪問先のイギリスで会見し、中国に対して、北朝鮮に対する国連の制裁決議に盛り込まれた原油の輸出制限を着実に履行するよう求めた。

 この中でティラーソン長官は、新たな国連の制裁決議について「もっと強硬な決議を望んでいた」と述べる一方、繊維製品の輸出禁止などが盛り込まれたことを評価した。

 その上で、原油の輸出制限については、北朝鮮への主な供給元となっている中国に対し、着実に履行して圧力を強めるよう強く求めた。

 ティラーソン国務長官「我々はもっと強硬な安保理決議を望んでいた。中国が北朝鮮に原油供給という強力な手段を使い、核開発を考え直すよう説得してくれることを求める」

 また、ムニューシン財務長官は13日のニュース番組で、中国など、北朝鮮と経済的な取引を続ける国とアメリカの貿易を停止するための大統領令の準備が整ったと明らかにし、中国をけん制した。