政党名には自分たちが実現できない理想が込められているというジョークがある。

「民主党は民主的ではないから、自由党には自由がないから、自由民主党には自由と民主がないから」

 それで言うなら「民進党」は国民と共に歩んでいる気配がまったくない。政権交代を訴える魅力が必要なのに、ここぞという時にグダグダ。


民進党結成 蓮舫も山尾志桜里も大集合 ©石川啓次/文藝春秋

「今年もお疲れさまでした……」

 代表選挙が告示された8月21日、私はラジオの中継のため前原誠司、枝野幸男候補の共同記者会見の現場にいた。最も印象に残ったのは会見終了後に党の選挙管理委員会の人が「今年もお疲れさまでした……」とつぶやいて報道陣から失笑が漏れたことだ。思わず恒例行事感が出てしまったのだ。ああ。

 9月1日の代表選で前原氏が選出されたが、話題になったのは前原氏が演説の途中「大事なところで噛んだ」こと。

《「政権交代を実現しようではありませんか!」と言うべきところで「実現」と言えず噛(か)んでしまい、失笑を巻き起こす一幕も。》(スポーツ報知 9月2日)


ニッカン、報知ともに前原新代表を「いじる」

 この記事の最後に「民進党幹部の主な“失敗”発言」が掲載されていたが菅直人氏のエピソードが出色だった。


スポーツ報知、執念のいじり

《04年6月の参院選前の党決起パーティーで「乾杯(完敗)というと負けそうですから、ここは完勝と言いましょう」と音頭を取りながら「カンパーイ」と絶叫》

 菅直人氏も今更こんなエピソードを引っ張り出されて迷惑だろうが、この程度の温度だった代表選挙報道。


カンパーイ ©山元茂樹/文藝春秋

「山尾はダメ」に鋭い指摘をした日刊スポーツ「政界地獄耳」

 さて、ここから巻き返すには党役員人事だ。しかし……。

「民進 混乱の中発進 役員人事決定」(毎日新聞 9月6日)
「前原民進 混乱の船出」(東京新聞 同)

 多くの新聞に「混乱」の文字が躍る。その理由は「山尾幹事長を断念」。


山尾志桜里議員 ©佐藤亘/文藝春秋

《民進党の前原誠司代表は五日、重要な初仕事の執行部人事で、内定していた山尾志桜里氏の幹事長起用を一転して断念する失態を演じた。》(東京)

 はっきりと「失態」と書かれてしまった。そして、

「民進幹事長断念その理由は? 山尾議員も不倫か」(スポーツニッポン 9月6日)

 時系列で整理すると、山尾氏の幹事長就任に反対する理由には二段階あった。最初は「当選2回の山尾氏では経験不足との声」があったから。そして「本当の理由は山尾氏に不倫疑惑が浮上したため」。

 さて、この「山尾はダメ」について鋭い指摘を連発していたのは日刊スポーツのコラムだ。

《「経験」でいうならば、首相経験者の野田佳彦を幹事長に据えても「気に入らない」と協力しない政党だ。山尾は経験不足だからダメ、首相まで経験した野田もダメ。一体この党の議員は、誰が幹事長なら満足なのだろうか。》(「政界地獄耳」9月6日)

 そして翌日。

《山尾が幹事長候補になれば、「経験不足」「選挙実務が足りない」と批判し、スキャンダル報道が出れば今度は「もう解党だ」「もう終わりだ」と嘆く。この党の文化とは何なのだろうか。》(同 9月7日)

前原誠司の「オール・フォー・オール」という皮肉

 不倫騒動を通して見えてきたのは、山尾問題よりはるかに興味深い党の体質だった。

《他力頼みで、風や波に乗り当選。その時は自分のおかげで逆風が吹けば「もうだめだ」と自分以外の誰かのせいに。民進党の組織政党としての覚悟もプライドもないありさまにはうんざりする。》(同 9月7日)

 この体質、自民党のニヤニヤが見える。


前原新代表 ©近藤俊哉/文藝春秋

 ここであらためて振り返ると、蓮舫氏の代表辞任から山尾氏の人事までキーワードは「幹事長」である。

 野田佳彦氏の幹事長辞任のあと、蓮舫氏は後任を見つけることができなかったので代表辞任を決断した。そして今回は山尾氏の幹事長就任をめぐって揉めた。鬼門なのである。では「幹事長」とは何か。

「団体などのとりまとめをする役(の人)。特に、政党で、実務上の責任を負う役職。」(三省堂 大辞林)

 つまり、党をまとめる役割の人がまとめられないという事態が続いているのだ。統治できず、むしろトラブルの震源地。

 民進党は国民と共に歩んでいる気配がないどころか、党内でも共に進んでいないことを証明しているのだ。

「政党名には自分たちが実現できない理想が込められている」は、もはやジョークではなかったのである。

 そう考えると、前原代表が掲げた「オール・フォー・オール(みんながみんなのために)」という代表選の公約は、確かに強烈な願いであった。

(プチ鹿島)