『脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0』(著:遠藤美季、漫画:高原玲/誠文堂新光社)

写真拡大 (全3枚)

 賢くネットと付き合う方法を紹介する『脱ネット・スマホ中毒Ver.2.0』が、2017年9月6日(水)に発売された。

 たくさんの情報が集まり、日々更新されていくインターネットの世界。スマートフォンの普及により利便性は向上し、いつでもどこでもアクセスできるようになった。しかし便利になった一方で、歩きスマホや友達と話しながらお互いスマホを眺めているような状況、SNSで他人の動向を逐一チェックしてしまうなど、病的なスマホ・ネットの使い方も目立つようになってきている。

 小・中学生においてもスマホの所持率は年々増加傾向にあり、親の知らないところでコミュニティが形成され、子どもたちがネットを介した犯罪やネット上での誹謗中傷に巻き込まれるといったリスクが増加中。同書は、そんな現状において何をしてはいけないのか? どうすればネット・スマホ依存を防いで様々なトラブルから身を守ることができるのか? といった疑問に答える一冊となっている。

 2013年に発売され、好評を博した前著『脱ネット・スマホ中毒』を大幅にアップデートし、前著をベースに4年間で変化した最新の情報を盛り込み、32ページを追加して改訂。ネット依存のアドバイザーとして活躍する著者・遠藤美季に寄せられた実際の相談をもとに、ネット・スマホ依存のキッカケや実態がわかるマンガや事例を交えて紹介する。

 SNS時代を生き抜く“最新護衛術”が満載の同書を読んで、賢くネットとスマホを使いこなそう。

遠藤美季
情報教育アドバイザー・ネット依存アドバイザー。ネット依存症の相談対応や講演活動、情報発信を行うエンジェルズアイズ代表。これまでにさまざまなタイプのネット依存者やその家族からの相談を受け、数多くの実態を目の当たりにしている。また、学校を中心に、ネット・ケイタイ・スマホの健全な利用や、SNS・オンラインゲームで起こるトラブルの護身術の講演を行う。メディア出演も多数。著書に『脱ネット・スマホ中毒』『小学生のスマホ免許』『中学生のスマホ免許』など。

※掲載内容は変更になる場合があります。