北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は14日、署名入りの論説で「誰もわが国の強大無比の総合的国力と潜在力を無視できなくなった」と主張した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「多くの国のメディアは、高度に精密化され、打撃対象と目的に応じてその威力を任意に調整できる高い水準に到達したわが国家の核攻撃能力と、失敗した米国の対朝鮮政策について大々的に伝えている」と述べた。

また、「共和国は米国との対決で輝かしい勝利を収めた」と強調した。

その上で、「偉大な党に従って並進の旗印高く輝かしい未来に向かって疾風のごとく前進するチュチェ朝鮮と英雄的朝鮮人民の前途を阻める者、この世にいない」と主張した。