【激レア】二郎インスパイア系「千里眼」の4年に1度しか食べられない幻のメニューを食う! ニンニクがヤバい

写真拡大 (全11枚)

ニンニクが効きまくった濃厚スープに極太の中華麺、そしてそのすべてを覆い尽くすかのようにそびえ立つ野菜のタワー。味、見た目、量とすべてにおいて圧倒的なインパクトを残すラーメンと言えばもちろんラーメン二郎だ。

インスパイア店舗の最高峰「千里眼」



ラーメン二郎に魅了されているのはお客さん(通称ジロリアン)だけではない。ラーメン二郎に影響を受け、同じようなスタイルのラーメンを提供するラーメン屋は二郎インスパイア系と呼ばれ、今やラーメン二郎の店舗数の10倍もの二郎インスパイア系のラーメン屋が存在しているとさえ言われている。

その中でも特に東京・東北沢に店舗を構える「千里眼」は評価の高い二郎インスパイア系として有名だ。店の外にはいつでもお客さんが列を作り、千里眼のラーメンを楽しみに並んでいるのである。

4年に1度しか作られないメニュー



そんな千里眼では4年に1度だけしか登場しない幻のメニューが存在する。うるう年の2月29日、つまりニンニクの日のみに登場する「ニンニクザンマイコレデモカ!!」と名付けられた汁なし麺にはなんとニンニクを2房も使用。たった1杯のラーメンのために2房もニンニクを使うという採算度外視の最強ラーメンなのだ……!

イベント「ガーリックパラダイス」で特別提供されている



そんな幻のメニュー「ニンニクザンマイコレデモカ!!」なのだが、なんと9月12日から18日まで新宿の大久保公園で開催されているフードフェスティバル「シン・ガーリックパラダイス」なるイベントで特別に提供されているのである。本当なら2020年2月29日までお目にかかれないはずなのに……!!









たくさんのファンが列を形成



記者がイベントを訪れたのは平日の夜。それにもかかわらず千里眼のブースの前にはたくさんのファンが列を形成し、幻のメニューを口にするのを心待ちにしていた。本来ならあと2年半は待たなければいけないところを、たったの数分〜数十分並べば幻のメニューが食べられるとなれば、ファンならば当然の行動と言えるのかもしれない。

あまりにもニンニクまみれの一杯



記者ももちろん「ニンニクザンマイコレデモカ!!」を注文。この手のフードフェスティバルでは店舗での量よりも少なめに盛られることが多いが、プラスチック製のどんぶりに見事な野菜の山が盛り付けられているではないか……!!





そして野菜の山の山頂には揚げニンニクが振りかけられているのだが、使用されているニンニクはこれだけではない。すりおろしたニンニクからピクルスになったニンニクまで、さまざまなタイプのニンニクがたっぷりと盛り付けられているのだ……!!





かき混ぜるだけで漂うニンニクの香り



この野菜の山と大量のにんにく、そして山の底に隠れた麺とタレを豪快に混ぜ、いよいよ実際に食べてみることにしよう。全体にニンニクとタレをなじませていくと、熱い湯気と一緒に強烈なニンニクの香りも周囲に漂ってくる。これはすごい……あまりにもすごすぎるッ……!!



まるでニンニクチューブそのもの



そのまま思いっ切り「ニンニクザンマイコレデモカ!!」をすすると、口の中に強烈なニンニクの味が一気に広がった。

見た目で確認できたニンニクの量や、2片を使っているという前情報、さらに漂ってきたニンニクの香りから、ニンニクの味が相当強いことは予想できていたが、それの予想を遥かに凌ぐニンニクの味である……! まるでニンニクのチューブを直接口に咥えてチューチューと吸い込んでいるかのようなニンニクの濃さだ!



ニンニクの旨味を最大限に活かしている



もちろんその味は凄まじくウマい。ニンニクがただただ濃いだけでなく、ニンニクの旨味を最大限に活かしているのだ。すべてをかき混ぜることによってタレが完全にニンニク味となり、これが極太の麺と絡むことで最高のパフォーマンスを発揮する。

ニンニクをトッピングで使用するラーメン屋は多いし、ラーメン二郎や二郎インスパイア系のラーメンにもニンニクはたっぷり使われているが、あくまでメインのスープにニンニクが混ざっているレベルだ。

しかし千里眼の「ニンニクザンマイコレデモカ!!」はその名の通り、ニンニクそのものの味で麺を食べられるのである。ここまでニンニクの味が濃く感じられる麺料理は未だかつて食べたことがない。まさに最強のニンニク麺と言っても過言ではないだろう。

見かけたら絶対に食べるべき!



「ニンニクザンマイコレデモカ!!」が食べられる「シン・ガーリックパラダイス」は9月18日まで開催。食べたいけど残念ながら行けないという人も多いと思うが、実は昨年の同イベントでも「ニンニクザンマイコレデモカ!!」は提供されている。次に食べられるチャンスは2020年2月29日までお預けになるとは限らないのだ。

その機会が来年のガーリックパラダイスになるか、はたまた別のフードフェスティバルになるか、結局2020年2月29日までお預けになってしまうのかは誰にもわからない。しかし、もし「ニンニクザンマイコレデモカ!!」が発売されているのを確認できたなら、迷わずに食べておくべき一杯であることは間違いないだろう。

■執筆・監修:Mr. Fox

執筆、撮影、編集家。日本生まれ、生年不詳、トレードマークはキツネの顔。世界各国を回りながら、メディアに関わる仕事をしてます。人のアイデアを転がします! コンコン。https://twitter.com/im_mr_fox/