SNSで自慢をするのは「自信のなさ」の表れ

写真拡大

『アルフレッド・アドラー 一瞬で自分が変わる100の言葉』が8月30日にダイヤモンド社から発売されたことを記念して、20万部突破の第一弾『アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉』を特別公開します。アドラーの厳しくもあたたかい言葉に、あなたも勇気づけられてください。

「強く見せる」努力はやめて「強くなる」努力をせよ

<解説>

 劣等コンプレックスとは、劣等感を言い訳にして、人生の課題から逃げ出すことを言います。しかし、その際に、自分が劣等感を感じていることを正直に表明するとは限りません。いやむしろ「そんなことはない。自分はむしろ人よりも優れている」と優越をアピールする人の方が多いことでしょう。これこそが「優越コンプレックス」であり、それは形を変えた「劣等コンプレックス」の一種なのです。本当に自信がある人はそれを誇示する必要がありません。優越のアピールは劣等感の裏返しなのです。

 優越コンプレックスを持っている人は、自分が本当に強く「なる」ための努力をしません。そうではなく強く「見える」ように努力をするのです。そして、以下のような行動を頻繁に行います。

 外見を着飾る、女性なのに男性のように振る舞う、自慢する、人をバカにしたような態度を取る、弱い人に対して威張る、外では静かなのに家に居るときにだけ横暴に振る舞う、病気や体調を理由にして家族を意のままに操る、他の人の価値を下げるよう批判する、大声や大きな身振りで話す、霊感などの特殊能力を強調する、会話を自分に向けようとする、人の話を聞き流す……など。

 これらの行動は「強い」からするのではありません。強く「見える」ことに努力を傾けている。そして、その背後には強い劣等感が隠されているのです。

※本連載は日曜日以外の毎日更新します。