世界ブランド「ナイキ」を創った男の熱狂人生とは(写真:AP/アフロ)

刊行以来全米で話題となり、翻訳が待望されていたナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』日本語版が、10月27日、ついに発売される。そこに描かれているのは、知られざる日本とナイキとの深い関係と、熱狂して人生を生きることのすばらしさだ。
本書をいち早く読み終えた塩野誠氏に、その感想とインパクトを寄稿してもらった。

「ずっと考えていた。日本に行き、靴会社を見つけて、私のばかげたアイデアを売り込もうと」

1962年、米国オレゴン州にそう思案する一人の若者がいた。あなたもきっと知っているブランド、ナイキの創業者フィル・ナイトである。本書『シュードッグ』は、世界的なスポーツウエアメーカーであり、著名ブランドとして名高いナイキの創業者本人による、創業から上場に至るまでの壮大な物語である。

ナイキブランドはいかに生まれたのか?


大学を卒業して実家に戻ったナイトは、オレゴンを出て世界を旅してみたい、日本に行ってみたいと父親に願い出る。それを聞いたナイトの祖母は「ほんの数年前まで日本人は私たちを殺そうとしていたのよ。覚えていないの? 真珠湾攻撃を」と声を張り上げる。若きナイトはペーパーバックの『ライ麦畑でつかまえて』と『裸のランチ』をリュックに詰め込み、日本を目指す。

言うまでもなくナイキは日本人にもなじみの深いスポーツブランドだ。そのロゴマークである「スウッシュ」はプロからアマチュアまで、あらゆるアスリートたちのウエアやシューズを飾っている。もちろん本書では、ナイキというブランド名やロゴマーク誕生秘話も明らかとなる。「スウッシュ」を考案したデザイナー、キャロライン・デビッドソンにいくらの謝礼が支払われたかも、である。

本書の主人公であるフィル・ナイトは、オレゴン大学で陸上競技にのめり込んだ後、スタンフォード大学ビジネススクールを卒業。アメリカ陸軍での経験を経て、24歳にして人生の意味を考える。自分は何をしたいのか? どのような人生を生きたいのか? 成功とは何なのか? と。


フィル・ナイト/世界最高のスポーツ用品メーカー、ナイキの創業者。1938年生まれ。1962年、オレゴンの「ブルーリボン・スポーツ」社の代表として日本のシューズ・メーカーであるオニツカを訪れ、同社の靴をアメリカで売るビジネスを始める。その後独自ブランドの「ナイキ」を立ち上げ、社名もナイキと変更。創業メンバーたちとともに、スポーツ用品界の巨人、アディダスとプーマをしのぐ企業へと同社を育て上げる(写真:AP/アフロ)

ナイトはスタンフォード大時代の授業をきっかけに、戦後の焼け野原から立ち上がり、市場に参入しはじめた日本の技術力、生産力に注目する。大学時代にランナーだった彼は、日本製のランニングシューズに可能性を感じ、起業を決意する。日本から届いた見本のシューズを箱から出したナイトは、「なんと美しいのだろう」と「聖なるものであるかのように」それを抱きしめる。

むろん、起業につきものの困難が次々とナイトを襲う。ナイトは初めて日本を訪れた際、まだ設立もしていない会社をでっち上げたり、旅費がないのにカリフォルニアで靴を売るべく、軍服を着込んで空軍機に乗って靴を運んだりして、困難をなんとか切り抜けていく。

本書は1960年代の米国における起業の物語であるが、それを彩る多種多様な登場人物たちの描写も面白い。ナイトを取り巻くのは厳格で世間体を気にする父であり、陸上への強い思いを心に秘める強い母である。父は靴を売る起業など「マヌケな行為」だと叱る。一方、母は小銭入れから7ドルを取り出して息子の売る日本製の靴を買い、それを履いてキッチンに立つ。

若きナイトにとって大学時代の陸上部の指導者であり、「孤高の存在」であった伝説のコーチ、ビル・バウワーマンも、そのシューズに魅了され、ナイトのビジネスパートナーとなる。さらに、事業拡大のために集めた者たち、ナイトの言うところの「体の不自由な男が1人、病的に太った男が2人、ヘビースモーカーが1人」が献身的に働き、創生期のナイキを急成長させていく。

ナイキと日本企業の深い関係

なかでも日本の読者の興味をひくのは、ナイトのビジネスにさまざまな局面でかかわってくる日本企業、「オニツカ」や「日商岩井」だろう。オニツカ(後のアシックス)創業者であるオニツカ氏は、自らのもとを訪ねてきたナイトに、「世界中の誰もがアスレチックシューズを日常的に履いている。その日が来る」と伝える。

本書によると、オニツカ氏は戦後の焼け跡で、仏壇のろうそくのろうを自分の足に垂らして靴型をつくり会社を興した人物だそうだ。ナイトは『日本人とビジネスをする方法』というノウハウ本をポケットに潜ませて日本企業と交渉を進めるが、あらゆるものに美意識を見いだす日本人の姿勢を愛するようになる。日本のビジネスパーソンにとっては、米国人起業家から見た、戦後から現代までの日本の産業史とも読むことができよう。

そこに描かれている日本人の姿は、現代の私たちにとって驚くべきものではないだろうか。本書では、ナイトが設立した会社ブルーリボンに買収を仕掛けるのも、訴訟をふっかけるのも実は日本人である。さらに、「みんな数字ばかりに気を取られすぎる」と看破し、財務諸表ではなく起業家を見て投資を行うのも日本人だった。

本書を手に取られた方には、1960年代、1970年代の日本人がどんなにハングリーであったかを感じていただきたい。本書のレイアウトは、全ページに西暦の記載があるところもユニークである。そして、現在のナイキ社製の靴がなぜ日本製でないのかも、この産業史の中に答えが見つかるだろう。

ナイキ創業者からのメッセージ

物語後半では「起業大国アメリカ」を想像する読者に、ナイトは「アメリカは起業のユートピアではない」とし、「出る杭をたたきたがる」と吐露する。そして富と名声を手に入れたナイトは、自らが得たものと失った大きなものについて率直に語る。はたしてナイトの父は彼を認めることになったのか? その理由とは?

ナイトが描く家族の情景にシンパシーを感じる起業家も多いのではないか。また、家族との関係に心を悩ますビジネスパーソンの方々には胸に迫るものがあるだろう。ナイトがある映画館で映画を見終わったときに、ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットに偶然出会うシーンがある。地球を代表する億万長者3人が何の映画を見たのか。ぜひ、本書で確認してほしい。

本書は田舎町の陸上トラックを走っていた青年による起業と家族、ビジネスと人生の物語である。そして、「かつては」ベンチャーキャピタルであり、イノベーターであった日本企業の物語である。成功者となったナイトに米国の大学生たちが尋ねる。「アメリカはどこに向かっているのでしょうか? 社会は、子どもたちの未来にとって悪い方向に向かっているのでしょうか?」と。

ナイトは答える。(そう聞かれたときに)「私が話すのは、1962年に見た荒廃した日本だ。がれきや廃墟から(あのような)賢い人間が生まれたのだ」と。本書を世界でいちばん読むべきなのは、ナイキのシューズを履いて2017年の今を生きる私たち日本人なのかもしれない。