フィリピン・サンバレス州サンアントニオで上陸訓練に参加する米海兵隊の水陸両用車(2017年10月7日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米カリフォルニア(California)州の米軍基地キャンプ・ペンドルトン(Camp Pendleton)で13日、訓練中の水陸両用車から出火し、海兵隊員15人が負傷した。うち5人は重体だという。軍報道官が明らかにした。

 米海兵隊のポール・ゲイニー(Paul Gainey)報道官によると、事故は同隊の大隊による訓練中に発生。同報道官は声明で、「今回の事故をめぐる状況について調査を行っている」と明らかにしたものの、出火原因などについては触れなかった。

 海兵隊によると、負傷した隊員らは複数の病院に搬送されたが、サンディエゴ(San Diego)の病院に搬送された8人のうち3人が重体、5人が重傷だという。また、別の病院に搬送されたも2人も重体だという。

 1970年代から海兵隊で使用されている水陸両用車は、海からの上陸を目的に設計されている。
【翻訳編集】AFPBB News