開幕から3連敗を喫して最下位、ここまでは期待値を大きく下回るシーズンの出だしとなった1.FCケルン。さらにこれから最近9試合で未勝利と苦手なアウェイ戦で、ヨーロッパリーグのグループステージの初戦に臨むことになるのだが、しかしこの対決を特別な面持ちで見守る選手がいる。ルーカス・ポドルスキだ。

「僕はずっとクラブに忠実だし、試合も常にチェックしている。いまはいい感じだね。時差の関係で随分夜遅くに試合が行われることになるんだけど。でも何も問題がなければ、試合を見るし、必要に応じて次の日に見たりするんだ」

1995年から2006年まで在籍した1.FCケルンにて、ドイツ代表に選出されるなど大きな飛躍を遂げたポドルスキは、3年間のバイエルン・ミュンヘン時代を経て、再び2009年にケルンへと復帰。ブンデス1部ではこれまでケルンで169試合に出場して79得点、38アシスト。バイエルン・ミュンヘン時代では71試合に出場して15得点12アシストをマークしている。

「プリンツ・ポルディ」(ポルディ王子)の愛称で親しまれており、復帰したケルンで2012年までプレーした後、FCアーセナルへと移籍。その後はガラタサライを経て、現在はJリーグのヴィッセル神戸でプレーしているところだ。

「こいつはすごいぜ!」と古巣の飛躍に喜びをみせた同選手は、「当然アーセナルにも目がいくがね」と言葉を続けた。「あそこでは素晴らしい3年間を過ごしたし、ファンやクラブに対してとてもいい思い出があるんだ」

特に2014年にブラジルW杯優勝を果たした元ドイツ代表は、1月23日に行われるケルンでのアーセナル戦を心待ちにしており、「ケルンにとって素晴らしい組み合わせだ。アーセナル・ロンドンが、ミュンガースドルフでプレーするなんて・・・、これは50年間起こらなかったことなんだよ」とコメント。

「僕のクラブが、これほどのクラブと対戦する場面を目にすることができる。本当に楽しみさ、間違いなくこれはハイライトの1つとなる」と語った。

【試合前コメント】



ペーター・シュテーガー(監督:ケルン)「これほど多く、ケルンからのファンがかけつけてくれることを思えばね。スタジアムに入るのを楽しみにしているよ。ただ他にやることはたくさんあるがね。試合を観に来れない人たちは、居酒屋でぜひ盛り上がってほしい。

マティアス・レーマン(主将:ケルン)「僕たちはこの試合をするために、昨シーズンがんばってきたんだ。朝おきると、うずうずしてくるものだよ。ただ格という点では僕たちが上ということはない。でもとてもエキサイトしているし、僕たちにとってこれは間違い無くハイライトの1つとなる試合だよ。

ヨルグ・シュマッケ(マネージャー:ケルン)「ここまでのシーズンの戦いについて評価するならば、なんてことだ!と思うものだよ。結果は我々に合ったものではない」

アーセン・ヴェンゲル(監督:アーセナル)「ケルンがリーグ戦で苦しんでいるならば、逆にこういった別の大会で試合をすることはプラスだ。彼らにはプレッシャーがかからないからね。危険なクラブだし、彼らには失うものがない。ケルンは素晴らしいクラブだし、私にとって常に興味深いものだ。レーア氏、オーヴェラート氏、そしてもちろんポドルスキとの繋がりもある」

【先発予想】

アーセナルの先発予想:オスピナ - チェンバース, メルテザッカー, ホールディング - ネルソン, ウィルシャー, エルネニー, メイトランド=ナイルズ - イウォビ, ジルー, ウォルコット

ケルンの先発予想:T.ホルン - クリュンター, ソーレンセン, ハインツ, J.ヘクター - M.レーマン, へガー - リッセ, ビッテンコート - 大迫勇也 - コルドバ