道重さゆみ、田中れいな(C)モデルプレス

写真拡大

【モーニング娘。/モデルプレス=9月14日】元モーニング娘。の道重さゆみと田中れいなが、14日に都内で行われた『モーニング娘。結成20周年記念イベント〜21年目もがんばっていきまっしょい!〜』にサプライズ登場した。

【さらに写真を見る】モーニング娘。20周年に道重さゆみ、田中れいな集結!イベント、公演の様子をチェック

◆道重さゆみ、結成20周年への思い語る


グループが20年続いた要因について聞かれた道重は「やっぱり、20年のうちの12年に私がいたから」と自画自賛で持ち前のキャラクターを発揮。加入したばかりの森戸知沙希を「ダンスとかもついていけてて、見てて涙が出るくらい。これはきっと、並大抵じゃない努力があっただろうなっていうのを想像して」とべた褒め。続けて「ビジュアルもすごく良いので、(モーニング娘。の)ビジュアル平均が上がった」とも話した。

一方の牧野真莉愛は、道重について「本当にかわいくて。『Fantasyが始まる』で道重さゆみさんのパートを歌わせていただいているんですけど、道重さゆみさんのソロアングルを見て全部真似しました。表情とか、フリーのダンスとかも本当にかわいくって…」と涙交じりに道重との共演に感激。

「道重さゆみさんと、田中れいなさんと一緒にステージに立つなんて、絶対にないと思っていたので、すごく夢がかなってうれしいです」とコメントし、これを聞いた道重は「(牧野)真莉愛ちゃん、見た目だけじゃなくて中身も可愛い〜!」と喜んでいた。

◆リーダー譜久村聖「たくさんの方に愛されている」


ちょうど20年前に結成したモーニング娘。現リーダーの譜久村聖は、ファンの投票で決定された楽曲を披露する初の試みについて「すごくドキドキしていたんですけど、みんなで振り付けとかを揃えたり、歌っているときはすごく楽しくて」とニッコリ。

また「“21年目もがんばっていきまっしょい!”っていうロゴだったりとか、映像だったりとか、色々な部分でスタッフさんが本当に協力してくださって。モーニング娘。ってたくさんの方に愛されているんだなという風に、改めて感じました」と感謝を伝えた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】