(C)Getty Images

写真拡大

 Appleは現地時間12日、「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」を発表したが、カラーバリエーションやサイズはどうなっているのか。

 まず、「iPhone 8/8 Plus」はシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色がラインナップ。iPhone 7/7 Plusと比較して、ジェットブラック、ローズゴールドが廃止されたほか、ブラックというモデルはなくなった。サイズについては、iPhone 7/7 Plusからコンマ数ミリ単位で大型化したが、ほとんど変更はないと言ってもいい。

 一方、「iPhone X」にはシルバーとスペースグレイの2色がラインナップ。サイズ(縦×横×幅)は143.6×70.9×7.7 mmで、縦横ともにiPhone8 Plusより小さく、iPhone 8よりほんの少し大きい程度。画面サイズはこれまでで最大の5.8インチながら、ホームボタンがなくなったこともあり、本体サイズはコンパクトにまとめられた。グリップしやすさと画面の大きさが両立されたモデルと言えそうだ。