週末に行われるヴォルフスブルクとのホーム戦に向けて、水曜日には2部練習を行なったシュトゥットガルト。できることならばヴォルフ監督は、ホルガー・バートシュトゥーバを守備の要として起用したいところだろうが、しかし内転筋の問題により微妙な状況となっている。

加入時には体調の良さを強調していたバートシュトゥーバ。「とにかく今の僕に必要なことは、練習あるのみさ!」しかし先日の代表戦期間中に痛めた怪我がまだ治りきっておらず、ここまでまだチーム練習にすら参加できないところだ。

とくに第2節のマインツ戦では、元ドイツ代表は対人戦での強さとリーダーシップによってベスト11に選出される活躍を披露していただけに、代表戦明けに行われた古巣シャルケ戦での1-3での敗戦は非常に残念だった。

仮に再び間に合わないということになれば、そのシャルケ戦での布陣を再び採用することも考えられるが、一方で4バックの変更することでパヴァールとバウムガルトルがCBコンビを形成することになるかもしれない。