画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東武鉄道は12日、東武スカイツリーライン東武動物公園駅西口の駅名を人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)のライブイベントの名称である「子供祭り駅」に変更すると発表した。

ももクロのライブイベント「子供祭り2017」が、東武動物公園内の多目的ステージ「ハッピーオンステージ」の新ステージこけら落としとして、9月23日に開催されることを記念して企画された。ハッピーオンステージは同園の開業当時から数多くのアイドルたちが出演してきた"アイドルの聖地"であり、ももクロもこれまで2度にわたり同ステージでライブイベントを開催している。

これに先駆け、9月19日から東武動物公園駅西口の駅名看板をメンバー5人とライブ名称をイメージした「子供祭り駅」に変更。駅構内にはももクロの等身大パネルを設置し、駅からライブイベントを盛り上げる。

ライブ開催当日の9月23日には、東武動物公園駅西口にて「東武動物公園にももクロが登場するんだZ記念乗車券」「子供祭り駅名看板キーホルダー」を発売。記念乗車券は東武動物公園で飼育している動物の名前を冠した駅(鷲宮駅・亀戸駅)および東武動物公園駅からの片道乗車券6枚組で、乗車券ごとにももクロのメンバーの写真を掲載したデザイン。人気の動物たちをあしらった台紙付きで、1セット1,000円。9,600セット限定で、うち2,100セットはインターネット販売分とする。

駅名看板キーホルダーは「子供祭り駅」の駅名看板を模したデザインで1個500円。6,000個限定で、うち1,000個はインターネット販売分とする。記念乗車券・キーホルダーともに、インターネット販売分は10月2〜10日、通販サイト「東武マーケットYahoo!店」で売り出す予定としている。