ふとんが吸い付きすぎてかけにくい、重くて途中で疲れる…。ふとんクリーナーの使用に挫折したことのある筆者が、新エントリーモデル「レイコップRN」を使ってみました。果たしてその使い勝手は?

 

【私が使いました!】

本誌編集部鈴木翔子

花粉症とアレルギー性鼻炎に悩む。週1のふとん掃除が3週間しか続かなかった経験あり。

 

【今回テストしたモデルはコレ!】

レイコップ
レイコップRN(アールエヌ)
2万4840円

従来のエントリーモデル「LITE」に比べ、本体(幅・高さ)約-1cm、重さ-50gと使いやすく、かつUV-Cランプ(除菌、ウイルス除去効果を得られるランプ)がより強力になった新モデル。ハウスダスト除去率は3分間で90%以上と上位機種と同水準です。

SPEC●紫外線(UV-C)ランプ:8W ●UV除菌率:99.9%●ハウスダスト除去率:90%以上/3分 ●サイズ/質量:W290.4×H149.6×D371.4mm/1.9kg(コード除く)

↑ボディカラーはピュアホワイトとシルキーピンクの2色展開

 

女性や高齢者にも使いやすく吸引性能の高い一台

ふとんクリーナーで大事なのは、吸引力より不要物のみを除去する吸引性能。ふとんが吸い付きすぎると使いにくいし、掃除自体が面倒に……。その点本機は、パワフルな除去力を備えながらも片手で掃除できるレベルです。毛布のような軽い寝具にだってストレスフリー!

↑空気を逃がす穴がふとんの吸い付きを軽減。難点は収納台がないこと(ほかの既存モデルには付属品として、もしくは別売りの収納台がある)。小さいからベッド下に空間さえあれば置けるのですが……。

 

↑吸い込んだハウスダストが見えるダストボックスの窓が、既存モデルより大きいのが◎。キレイをより実感できます。

 

さらに従来機より吸引口が広いので、一度にかけられる面積が広く、往復する回数が減った気がします。女性にとって、片手で約2圓里發里鯑阿し続けるのは意外と大変なので、これはかなり助かる。ボディも軽く腕が疲れにくいし、これなら私でも続けられそう!

↑吸引幅165mm。寝具を傷めにくい新ブラシが、毎分1万8000回ふとんを叩きます

 

結論!

吸引性能:5
使いやすさ:4
サイズ感:5
収納のしやすさ:3.5