坂上忍

写真拡大

14日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、女優・鈴木砂羽が演出を手がける舞台の女優降板騒動に関して、番組司会の坂上忍が降板した女優側の主張に首をかしげた。

番組では、鈴木が演出・主演を務める舞台「結婚の条件」において、公演直前にふたりの女優が降板した騒動について鈴木や、劇団側、降板した女優、さらには降板した女優の事務所といった各関係者の主張を紹介した。降板した女優は、土下座の強要や罵声を浴びたといった告白をしている。

番組ではこの話題の中で、舞台を主催する劇団側が、13日の夜にマスコミの取材に対して出したコメントを取り上げた。それによると、降板した女優の事務所社長から「舞台の中止か鈴木によるパワハラでの降板だということを公式に公表するかの2択だ」と迫られたそうで、劇団側は「砂羽さんに迷惑がかかることがあれば、法的措置に至る可能性もゼロではない」と述べたという。

降板した女優の事務所社長のコメントについて、坂上は「これでハラスメントって言われたら…」「いいものなんか作れるんですか? っていうか、作りづらくなっちゃうでしょ」と疑問を呈した。

続けて坂上は「だって、ヤバい人いっぱいいるでしょ」「オレもヤバいと思うし」「とことん追い込むから」と自虐的に語ると、フットボールアワーの後藤輝基も「まあヤバいでしょうね」と同意して笑いを誘った。

後藤は「でもそうやって作っていく現場っていうのは間違いなく存在する」とも語り、厳しく追い込む手法によって、良い作品が生まれる可能性についても示唆していた。

坂上は厳しく追い込んでしまう演出家であっても、裏側ではマネジャーと連絡を取り合いフォローするなど、実はきちんとコミュニケーションを取っているため、今回のような騒動は起きないと持論を展開していた。

なお、その後、番組では事務所社長が「舞台を続けるかどうかの相談の電話で、『降板をするならそれなりの対応をしてほしい』と話をしたが」「2択は迫っていない」と反論したことを紹介した。

【関連記事】
坂上忍 腹が立った舞台でも降板だけはしない理由「迷惑がかかるのはお客さん」
鈴木砂羽の土下座強要疑惑 出演する女優の証言を松嶋尚美が紹介
鈴木砂羽 「ミヤネ屋」の直撃取材に「自分はできる限りのことをやらせていただく」