無印良品の新作お菓子!“ぽち”に 込められたメッセージとは

写真拡大 (全4枚)

日本には古くから「心付け」や「寸志」といった感謝の気持ちを伝える習慣があります。 そんなシーンで使われてきたのが「ぽち袋」。「ぽち」には「小さい点、 少しだけ」といった意味があり、ささやかな気持ちを込める小袋です。この“ささやかな感謝の気持ち”を伝える「ぽち菓子」シリーズ50種類が、全国の無印良品で発売されます。気持ちがほっこりしそうなかわいらしいお菓子の数々、早速ご紹介していきましょう。

「ほんの気持ちの、ぽち菓子です」。そんなふうに、 お菓子で気持ちを伝えられたらと、小袋に詰めて「ぽち菓子」と名付けたお菓子のシリーズ。どんな時に使ったらいいの? と思っている方、こんな風に使ってください。

例えば…新しい部署に異動したら、お近づきのご挨拶に。借りた本をお返しする際、お礼の言葉に添えて。小旅行のお供や、お子さんのおやつに。「ほんの気持ち」を込めた新しいコミュニケーションツールとして、さまざまな場所で活躍できそうです。この“ぽち菓子”シリーズ、袋のサイズは大小2種類。グミやビスケット、チョコ、クッキー、おせんべいなど全50種と豊富なラインナップも嬉しいですね。一部商品をご紹介します。

「てんさい糖ビスケット」

▲国産の小麦とてんさい糖を使って素朴な味わいに焼き上げられたビスケット。プレーン味とココア味のアソート

「こんぺいとう」

▲砂糖に蜜をかけて丁寧に仕上げたやさしい色合いの昔菓子

価格は税込100円と120円の2プライス(税込)。ちょっと口下手なアナタ、「ぽち菓子」で“ありがとう”の気持ちをさりげなく伝えてみてはいかがですか。

>> 無印良品

 

(文/&GP編集部 画像提供/無印良品)