@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

もくじ

ーBMW X6のライバル デザインスタディは存在
ーポルシェ 「派生モデルの歴史」
ー約3倍のセールス ポルシェの成長

BMW X6のライバル デザインスタディは存在

ポルシェは、新型カイエンのクーペ版(予想イラスト参照)を導入するかどうか検討している。

オリバー・ブルーメCEOは、AUTOCARの取材に応じ、カイエン・クーペ誕生の可能性を「よく考えているところです」と説明した。


ライバルは、
・BMW X6
・メルセデス・ベンツGLEクーペ
となるものの、ブルーメは「まだ何も決まっておりません」と現在の状況を明かしてくれた。

また、デザイン部門を率いるミハエル・マウアーも、社内のデザインプロジェクトとして、カイエン・クーペにあたるものが作成されたことを認めた。
 

ポルシェ 「派生モデルの歴史」

マウアーは、ポルシェが派生モデルを作り続けてきた「確かな歴史がある」と話している。


「デザイン部門としては、常に提案を求められています。そこがこの仕事の最も魅力的なところなのです。ブランドに新たなデザインアイデアを採り入れるときは、予算に制限はございません。このため、全てのモデルに対して、多くのアイデアが生まれています。そこから先は、ビジネスの計画に従うまでです」

しかし、彼もブルーメと同じように、何も決まっていないと話している。
 

約3倍のセールス ポルシェの成長

ブルーメCEOは、「ポルシェにとって健全な成長率は、毎年5%といったところです。わたくし共は、決して大量生産ブランドではないのですから」と続けた。


ポルシェのセールスは、
2009年:75,000台
2016年:237,000台
と約3倍になっている。

そして、(ミッションEにインスパイアされた)コードネームJ1という新型EVの導入により、さらに20,000台が追加されるとブルーメは考えている。