好発進を決めた竹安 勢いそのままに上位でフィニッシュしたい(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ANAオープンゴルフトーナメント 初日◇14日◇札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コース(7,063ヤード・パー72)>
国内男子ツアー「ANAオープン」が開幕。ファイナルQTで2位に入り、今季の出場権を掴んだ24歳の竹安俊也が1イーグル・5バーディ・3ボギーの“68”をマーク。4アンダー3位タイと、ツアーでは自己最高位となる好スタートを切った。
【関連写真】竹安が目指す体型がこれ!ポロシャツの上からでも分かる?
10番から出た竹安は前半ではスコアを伸ばせず、後半も1番でボギーが先行。しかし、3番パー3でバーディの後、「4番(パー4)のティショットが気持ちよく真っ直ぐいった。そこからいい流れに乗れた」と5番から3連続バーディ。8番ではボギーとしたものの、最終9番パー5では2オンに成功し、10メートルを沈めて会心のイーグル締め。首位と3打差とスタートダッシュを決めた。
竹安は東北福祉大学の出身で松山英樹の1年後輩。3ヶ月ほど前、松山が米国から帰国した際に食事を共にし「筋トレしろよ!」と言われた。それからトレーニングを本格的にはじめ、自宅近くや遠征先でも走ったり、公園で「腕立てや腹筋、背筋など」をやっているという。
この3ヶ月で体重は3キロ増量し、飛距離アップにも成功した。理想は「大リーガーみたいだった」という松山の分厚い身体。世界で戦う先輩の大きい背中を追いかけるべく、試合中でも時間がある時は公園で1時間身体を鍛えている。なお、ジムではなく公園の理由は「行くのが面倒だから」。また器具を使わないため、公園で十分らしい。
明日からも「今日と変わらずしっかりと自分のゴルフがしたい」と力強く話した竹安。現在の賞金ランクは87位、ここで上位に入ることで、初のシード権も視野に入る。この好スタートは無駄にはできない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

いよいよ今週は宮里藍のラストマッチ!兄・優作が思うこと
池田勇太、勝てば片山晋呉を抜き最年少で生涯獲得賞金10億円突破に
進化する38歳・谷原秀人、欧州ツアーの大舞台に向け「もっと上手くなりたい」
池田勇太に勝つためには「パフォーマンスを出させない工夫が必要」【ツアーの深層】
池田勇太のクラブを筒康博氏が大診断