奈良くるみは2回戦でワン・チャンに敗退、二宮/ボラコバと青山/ヤンが準決勝で対戦へ [JAPAN WOMEN'S OPEN]

写真拡大

「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森公園テニスコート/本戦9月11〜17日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の本戦4日目は、シングルス2回戦残り5試合とダブルス準々決勝4試合が行われた。

 シングルスは、第8シードのユリア・プティンセバ(カザフスタン)、ワン・チャン(中国)、前年優勝者のクリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)、予選勝者のザリナ・ディアス(カザフスタン)とヤナ・フェット(クロアチア)が勝ち上がり、ベスト8が出揃った。

 シード勢では、第2シードのジャン・シューアイ(中国)がディアスに4-6 2-6で敗退。ワンと対戦した奈良くるみ(安藤証券)は2-6 3-6で敗れ、昨年に続く8強入りはならなかった。

 ダブルスでは、ウィンブルドンで4強入りを果たした第1シードの二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/レナタ・ボラコバ(チェコ)、第4シードの青山修子(近藤乳業)/ヤン・ザオシャン(中国)、エリーゼ・メルテンス(ベルギー)/イペク・ソイル(トルコ)、モニク・アダムザック/ストーム・サンダース(ともにオーストラリア)がベスト4に進出。二宮/ボラコバと青山/ヤンは、決勝進出をかけて対戦する。

 ジャパンウイメンズオープンはWTAインターナショナルに格付けされる大会で、シングルス32ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

 9月15日(金)は11時00分から、シングルス準々決勝4試合とダブルス準決勝2試合が行われる予定。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

◇   ◇   ◇

【シングルス2回戦】

○2ヤナ・フェット(クロアチア)[Q] 6-0 6-3 ●4ヤナ・セペロバ(スロバキア)

○6ワン・チャン(中国)6-2 6-3 ●7奈良くるみ(安藤証券)

○19クリスティーナ・マクヘイル(アメリカ)6-1 6-1 ●18サラ・ソリベス トルモ(スペイン)

○25ユリア・プティンセバ(カザフスタン)[8] 6-2 2-0 Ret. ●28ハン・シンユン(中国)

○29ザリナ・ディアス(カザフスタン)[Q] 6-4 6-2 ●32ジャン・シューアイ(中国)[2]

--------------------

【ダブルス準々決勝】

○1二宮真琴/レナタ・ボラコバ(橋本総業ホールディングス/チェコ)[1] 6-3 4-6 [11-9] ●4日比野菜緒/ジェシカ・ムーア(LuLuLun/オーストラリア)

○5青山修子/ヤン・ザオシャン(近藤乳業/中国)[4] 6-7(4) 7-6(5) [10-8] ●8リャン・チェン/アリナ・ラディオノワ(中国/オーストラリア)

○11エリーゼ・メルテンス/イペク・ソイル(ベルギー/トルコ)6-4 6-7(3) [10-5] ●9カテリーナ・ボンダレンコ/アレクサンドラ・クルニッチ(ウクライナ/セルビア)

○14モニク・アダムザック/ストーム・サンダース(オーストラリア)6-4 6-2 ●16穂積絵莉/加藤未唯(橋本総業ホールディングス/佐川印刷)[2]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ジャパンウイメンズオープン」(東京・有明テニスの森)のダブルスで準決勝に進出した第1シードの二宮真琴(右)/レナタ・ボラコバ

ジャパンウイメンズオープン|公式

WTA(女子テニス協会)大会ページ|公式