いよいよ15日の16時1分から予約受付が開始されるiPhone8/8 Plusについて、バッテリーの容量やメモリー(RAM)の詳細などが、中国の認証機関に登録されたことが分かりました。この登録情報にもとづけば、バッテリー容量はiPhone7シリーズから減少する見通しです。

バッテリー容量は減少するも駆動時間は維持

中国の認証機関TENAAに、iPhone8/8 Plusの情報が登録されているのを明らかにしたのは、Apple製品のリーク情報で知られる@OnLeakです。
 
TENAAの情報は時に正確さを欠いていることもありますが、彼がTwitterで公開した画像をみると、iPhone8はメモリーが2GBで1,821mAh、iPhone8 Plusはメモリーが3GBで2,675mAhと記載されているのが確認できます。
 


メモリーこそ変わらないものの、iPhone7のバッテリー容量は1,960mAh、iPhone7 Plusは2,900mAhだったことを思うと、前モデルから減少したことになります。
 

-iPhone8iPhone7iPhone8 PlusiPhone7 Plusバッテリー1,821mAh1,960mAh2,675mAh2,900mAhメモリー2GB2GB3GB3GB幅x高さx厚み67.3 x 138.4 x 7.3mm67.1 x 138.3 x 7.1mm78.1 x 158.4 x 7.5mm77.9 x 158.2 x7.3mm重量148g138g202g188g

 
ただし、バッテリーの駆動時間については、通話・インターネット通信ともに維持されていることから、端末の更なる軽量化を図るべく、省エネ化に成功したとみて良さそうです。
 
Appleは、駆動時間を大幅に伸ばすことよりも、省エネ化・薄型化に成功したぶん、消費電力の高い高性能パーツに置き換えることを優先する傾向にあり、iPhone8/8 PlusもそういったAppleの思想が反映されたということなのでしょう。
 
Source:Twitter
(kihachi)