第1戦のリードを守り切れずに肩を落とす谷口。浦和に大逆転を許してしまった。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[ACL 準々決勝 2nd-leg] 浦和 4-1 川崎/9月13日(水)/埼玉
 
 試合終了のホイッスルが響き渡ると、川崎の選手たちは次々にピッチに倒れ込んだ。
 
 第1戦を3-1で制し、勝負の第2戦は自信を持って臨んだはずだった。しかし、待っていたのは悔やんでも悔やみきれない逆転負けだった。
 
 試合の入りは悪くなかった。3点差以上の勝利が必要な浦和を尻目に冷静に試合を運ぶと、19分には中村憲剛とエウシーニョのコンビネーションから貴重なアウェーゴールを奪った。35分には興梠慎三に1点を返されるも、まだ十分なリードは得ていた。
 
 だが、その3分後に大きなターニングポイントが訪れる。車屋紳太郎が競り合いの場面で興梠に足を振り上げて、一発退場を命じられたのだ。ここで鬼木達監督は守備のバランスを整えるために中村をベンチに下げ、田坂祐介を投入した。
 
「ひとり減ったので運動量が必ず必要になってくると考えた」
 
 指揮官は交代の意図をこう説明する。

 45分以上を10人で戦わなくてはいけない状況で、指揮官は“走れる選手”をピッチに残したかったという。
 
 しかし、浦和の選手にとってこの交代策は精神面でプラスに働いた。「個人的には(中村)憲剛さんがいなくなったのはラッキーだった」と興梠は振り返り、槙野智章、柏木陽介も同調する。
 
 一方、不測の事態にも川崎の選手たちに混乱はなかった。
 
 中村が下がったことで「しっかり守り切るという意識をみんなで持った。監督の意図は理解していた」とキャプテンの小林が語れば、ディフェンスリーダーの谷口彰悟は「混乱はなかった。守り切る、逃げ切るという考えは共有できていた」と話す。
 
 ハーフタイムには「守備のところはブロックを組んでやろう。攻撃のところは少ない人数でもやり切ってとにかく点を取ろう」と、鬼木監督からの指示を受けた選手たちは自陣で耐えながらチャンスを待った。

【ACL準々決勝 浦和4対1川崎 PHOTO】浦和が4ゴールの大逆転で準決勝進出!
 しかし、川崎には“守り勝つ”経験値が明らかに不足していた。
 
 後半開始から15分ほどは身体を張った守備で相手の猛攻を凌いだが、63分に浦和がCBのマウリシオを下げてFWのズラタンを投入すると、徐々に首が回らなくなる。CFの小林は前線で孤立し、カウンターのチャンスも作れない。谷口も苦しい対応の連続だったと述懐する。
 
「相手も人数をかけていましたし、誰が見るんだという部分がちょっとずつあやふやになってしまった。そういう対応が続いてピンチが増えました。(第1戦のリードがあったから)最悪1点、2点やられてもという考えはありました。そこは余裕を持ってやろうと。そういう流れで進めたかったのですが……」
 
 65分には足首を痛めていたという大島に代えてCBのエドゥアルドを入れ、谷口をCBからボランチに上げる応急処置を行なった。だが、流れは一向に変わらない。そして70分にCKからズラタン、84分にラファエル・シルバにネットを揺らされ、トータルスコアで同点に持ち込まれると、「3点目を取られると、時間的にもこちらの状況的にも不利になると思っていた。延長戦までのプランは考えられなかった」(谷口)と、この時点で川崎に形勢を逆転する力は残っていなかった。
 
 R・シルバのゴールから2分後、森脇良太のクロスを高木俊幸に絶妙なループで決められ、勝負は決した。
 
 中村を下げるべきではなかったという意見はある。大島が負傷を抱えていたなら、先に大島をベンチに下げて中村をボランチに回す選択肢もあった。もしくは家長昭博を下げ、中村をサイドに回す手もあった。
 
 だが、「すべては結果論。自分がいても(結果は)同じだったかもしれない。あれで守り切れていたら別に問題はなかった。結果になってからこういう風に言われるのはしょうがないですが……」と、中村が唇を噛んだように、今後に向けて考えるべきはこの敗戦をどう糧にするかだ。
 
 大一番、それも劣勢を強いられた時に凌ぎ切る術とメンタルをいかに発揮するか。リーグ戦、ルヴァンカップ、天皇杯とまだ三冠の可能性を残すなか、同じような苦しい状況は起こり得るはずだ。その時に、この悔しさをチームの経験値として還元できるか。
 
 小林は「切り替えるのは大変ですが、これでチームが悪い方向に進むことだけは避けたい」と語り、中村は「どれだけ自分たちがファイティングポーズを取っていけるか」とチームに奮起を促す。勝負弱さを露呈してきた負の歴史に終止符を打つためにも、「自分たちの弱さ」(小林)を認識し、新たな一歩を踏み出せるか。この先に歓喜が待っていることを願いたい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)