スタジオジブリのあの服

写真拡大

 ファッションデザイナー神田恵介と森永邦彦による企画会社「あの服」が始動した。第1弾として、スタジオジブリと共にファッションブランド「スタジオジブリのあの服」を発表。全て一点物となり、9月15日から公式オンラインショプと「代官山 蔦屋書店」「中目黒 蔦屋書店」で販売する。
 「あの服」は、日本を代表するコンテンツや企業と共に新しいファッションを生み出していく企画会社で、神田恵介と森永邦彦を共同創業者として2016年10月に立ち上がった。第1弾の「スタジオジブリのあの服」は、子供服を中心に展開。古着やデッドストックをベースに、「となりのトトロ」のトトロや「魔女の宅急便」の黒猫ジジといったキャラクターを刺繍や縫い込みで表現している。価格帯はカットソーが6,000円〜/8,000円〜(キッズ/メンズ・ウィメンズ)、シャツが1万円〜/1万2,000円〜、ニットが1万2,000円〜/1万5,000円〜、コートが3万円〜/4万円〜。
 発表とともに、1コマずつのニット200枚によるアニメーション映像が公開された。「代官山 蔦屋書店」では9月18日に参加型の服育ワークショップが行われる。