日本が4つ急上昇!最新FIFAランクが発表

写真拡大

9月14日、国際サッカー連盟は最新のFIFAランキングを発表した。

日本代表は先日のオーストラリア戦などが反映されたことによって順位が+4され、40位となった。

なお、アジアの順位は以下の通りとなっている。

25位:イラン(-1)

40位:日本(+4)

50位:オーストラリア(-5)

51位:韓国(-2)

53位:サウジアラビア(+6)

62位:中国(+15)

69位:ウズベキスタン(-5)

全世界のランキングでは、再びドイツがトップに返り咲き、ブラジルが2位に転落。ポルトガルやベルギー、フランスらが上昇した。一方イタリアは17位まで下がっている。

1位:ドイツ(+1)

2位:ブラジル(-1)

3位:ポルトガル(+3)

4位:アルゼンチン(-1)

5位:ベルギー(+4)

6位:ポーランド(-1)

7位:スイス(-3)

8位:フランス(+2)

9位:チリ(-2)

10位:コロンビア(-2)

11位:スペイン

12位:ペルー(+3)

13位:ウェールズ(+5)

14位:メキシコ

15位:イングランド(-2)

16位:ウルグアイ(+1)

17位:イタリア(-5)

18位:クロアチア(-2)

19位:スロバキア(+3)

20位:北アイルランド(+3)