阿武咲がはたき込みで日馬富士に勝つ=両国国技館 (撮影・菊本和人)

写真拡大 (全3枚)

 大相撲秋場所5日目(14日、両国国技館)阿武咲が横綱日馬富士をはたき込みで破り、ただひとり全勝を守った。日馬富士は3連敗。大関豪栄道、琴奨菊、千代大龍ら7人が1敗で並んでいる。かど番の大関照ノ富士は松鳳山に寄り切られ4敗目を喫した。

 阿武咲は日馬富士に前に出られるものの、俵に沿って動き攻めをかわす。土俵を丸く使う阿武咲についていけない日馬富士は体勢を崩し、阿武咲がはたくとクルリと一回転し土俵に落ちた。

 千代大龍は立ち合いから回転の良い突っ張りで豪栄道を追い詰めたが、土俵際で突き落としを食い、土俵に突っ伏した。

 琴奨菊は立ち合いで低く当たり左前みつを狙ったものの、正代にはたかれると体勢を崩し、両脇をこじ開けられてもろ差しを許してしまう。かんぬきに抱えようとする琴奨菊だったが、正代に寄り立てられると粘れずに土俵を割った。

 照ノ富士は松鳳山に懐に飛び込まれるとあっさり二本差しを許す。両腕を極めたが松鳳山の構わず前に出られて土俵を割った。

 4日目に日馬富士を下した北勝富士は嘉風と対戦。頭で当たっていったが、直後に引いてしまい嘉風に一気に押し出された。