【ELグループステージ展望】ミランやアーセナルが参戦! 日本人選手4人も登場

写真拡大 (全4枚)

▽2017-18シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが14日に開幕する。昨シーズンと同様、優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられるELに、今シーズンは4人の日本人選手がグループステージから参加。また、アーセナルやミラン、エバートン、ビジャレアルなどの優勝候補も参戦する。

▽ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。

◆優勝候補筆頭のアーセナルとミランは恵まれた組み分け、エバートンは死の組に

Getty Images
▽ヴェンゲル体制で19年連続継続していたCL出場の歴史に終止符が打たれたアーセナルは、今季クラブ史上初のEL(UEFAカップ時代を除く)に参戦する。今回のグループステージではFW 大迫勇也を擁するケルン、BATEボリソフ、レッドスター・ベオグラードと同じグループHという比較的恵まれた組に入った。

▽今季に関してはあくまでプレミアリーグを最優先に考えているアーセナルだが、強豪揃いのトップ6の戦いで4枠のCL出場権を獲得することは非常に困難なタスクだ。したがって、昨季EL優勝を成し遂げたマンチェスター・ユナイテッドと同様にELを保険にシーズン中盤までリーグ優先の戦いをしつつ、リーグ戦の戦況に応じてどちらを優先して戦うかを選択したい。そのため、今回のグループステージではリーグ戦の対戦相手やホーム&アウェイを考慮して、積極的なローテーションを採用したい。ケルンとの初戦直後にはチェルシーとのビッグロンドン・ダービーを控えているだけに、このケルン戦でのメンバー選考が今後のグループステージの戦いに向けて1つの指針となる。

▽アーセナルと同様に優勝候補筆頭に挙げられているミランは、オーストリア・ウィーン、リエカ、AEKアテネと同じグループDに入った。実力差、移動面を考えてもほぼ完璧な組み分けとなった。今夏の積極補強によって来季のCL出場権獲得がノルマとなるミランは、アーセナルと同様にセリエAの戦いを最優先としながらも、EL優勝でのCL出場権獲得も考慮しているはずだ。その中で若手の積極的な起用をためらわないモンテッラ監督は、このグループステージで新星FWクトローネやMFロカテッリ、DFカラブリアなど期待の若手を抜擢し、更なる選手層拡充を考えているはずだ。

▽また、アーセナルやミランに比べて一段力は劣るものの、優勝候補の一角に挙がるエバートンは、昨季ELベスト4のリヨン、セリエA4位のアタランタ、アポロン・リマソルと同じグループEという、今グループステージで最も拮抗した“死のグループ”に入った。今夏の移籍市場では、FWルーニーの復帰に加え、クラブレコードを幾度も更新してMFシグルドソン、GKピックフォード、MFクラーセン、DFマイケル・キーンらを補強。大幅なメンバー変更によって連係面や最適なシステムの構築がやや遅れており、前述のミランやアーセナルとは異なり、積極的に主力を投入しながらチームのベースを作りたい。

◆グループIで酒井宏vs南野、大迫と原口は強豪と同組
Getty Images
▽今シーズンのELグループステージでは、4人の日本人選手がプレーすることになる。また、グループIではマルセイユのDF酒井宏樹とザルツブルクのMF南野拓実が対戦することになった。さらに、共にCL初参戦となるケルンのFW大迫勇也はアーセナル、ヘルタ・ベルリンのMF原口元気はビルバオという強豪と同じ組に入った。

▽EL初参戦となる酒井は、南野を擁するザルツブルク、ヴィトーリア・ギマラエス、コンヤシュポルと同じグループIに入った。今夏、FWミトログルやDFラミ、FWジェルマン、MFルイス・グスタボと大型補強を敢行したチームにあって右サイドバックの主力に定着している酒井としてはリーグ戦での出場が軸となる見込みだが、右サイドバックの選手層が薄い事情もあり、出場機会はあるはずだ。

▽一方の南野は昨季もELグループステージでプレーしたが、チームは敗退を強いられており、今季はきっちりチームを突破に導きたい。昨季、途中出場が多かったものの得点効率の良さで主軸アタッカーを担っていた南野だが、今季は開幕直後にヒザを負傷し、復帰は10月中旬以降が見込まれており、グループステージ後半戦の活躍に期待したい。

▽今やケルンで大黒柱に成長した大迫は、自身初のELの舞台を更なるステップアップの場としたい。今回のグループステージでは強豪アーセナルと同じグループに入っており、世界屈指の強豪の守備陣相手に自身の持ち味を遺憾なく発揮したい。

▽また、大迫と同じくEL初参戦の原口はビルバオ、ゾリャ、エステルンドと同じグループJに入った。今夏の去就問題の影響で信頼を失い、控えに甘んじている原口としては、ターンオーバーが採用されるELの舞台でチャンスを掴み、レギュラー返り咲きを狙いたい。ゾリャやエステルンドと押し込める対戦相手に対しては、課題の得点力という部分でアピールしていきたい。

◆実力クラブの動向は
Getty Images
▽その他の強豪クラブでは、ビジャレアルやホッフェンハイム、ラツィオ、ゼニト、レアル・ソシエダらに注目したい。

▽リバプールとのCLプレーオフに敗れてEL参戦となったホッフェンハイムは、ブラガ、ルドゴレツ、イスタンブール・バシャクシェヒルと同じグループCに入った。若き智将ナーゲルスマン率いるチームは、直近のリーグ戦でドイツの盟主バイエルンに今季初黒星を与えるなど、戦術面においても注目のチームの1つだ。対戦相手に応じてシステムや戦い方をコーディネートする指揮官の下、タイプの異なる国外のチーム相手に果たしてどんな戦いを見せてくれるか。

▽昨季はユナイテッドに優勝をかっさらわれたELの盟主スペイン勢では、経験豊富なビジャレアルとソシエダの2チームに注目。ビジャレアルに関しては昨季のリーグ戦で攻守に完成度の高い堅守速攻スタイルのフットボールを展開も、今季は開幕連敗スタート。それでも、直近のベティス戦では快勝を収めており、FWバッカら新戦力の適応が進めば、グループステージ突破は固い。また、エウセビオ監督の下、魅力的なサッカーを展開するソシエダは国内リーグでも開幕3連勝と好スタートを切っており、今大会での躍進が期待される。

▽また、マンチーニ新監督の下でMFパレデスやMFクラネビッテル、FWドリウッシなど期待の若手アルゼンチン人プレーヤーを補強したゼニトは、国内リーグでも首位を走っており、タレントの質と指揮官の経験を考えれば、優勝候補の一角に挙がってもおかしくない。昨季セリエA5位のラツィオもFWインモービレやMFミリンコビッチ=サビッチを中心に好タレントを擁しており、躍進が期待される。

【ELグループステージ出場チーム】

【グループA】

ビジャレアル(スペイン)

マッカビ・テルアビブ(イスラエル)

アスタナ(カザフスタン)

SKスラヴィア・プラハ(チェコ)

【グループB】

ディナモ・キエフ(ウクライナ)

ヤングボーイズ(スイス)

パルチザン・ベオグラード(セルビア)

スカンデルベウ(アルバニア)

【グループC】

ブラガ(ポルトガル)

ルドゴレツ(ブルガリア)

ホッフェンハイム(ドイツ)

イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)

【グループD】

ミラン(イタリア)

オーストリア・ウィーン(オーストリア)

リエカ(クロアチア)

AEKアテネ(ギリシャ)

【グループE】

リヨン(フランス)

エバートン(イングランド)

アタランタ(イタリア)

アポロン・リマソル(キプロス)

【グループF】

コペンハーゲン(デンマーク)

ロコモティフ・モスクワ(ロシア)

シェリフ(モルドバ)

ファスタフ・ズリーン(チェコ)

【グループG】

ビクトリア・プルゼニ(チェコ)

ステアウア・ブカレスト(ルーマニア)

ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)

ルガーノ(スイス)

【グループH】

アーセナル(イングランド)

BATEボリソフ(ベラルーシ)

ケルン(ドイツ)

レッドスター・ベオグラード(セルビア)

【グループI】

ザルツブルク(オーストリア)

マルセイユ(フランス)

ヴィトーリア・ギマラエス(ポルトガル)

コンヤシュポル(トルコ)

【グループJ】

ビルバオ(スペイン)

ヘルタ・ベルリン(ドイツ)

ゾリャ(ウクライナ)

エステルンド(スウェーデン)

【グループK】

ラツィオ (イタリア)

ニース(フランス)

ズルテ・ワレヘム(ベルギー)

フィテッセ(オランダ)

【グループL】

ゼニト(ロシア)

レアル・ソシエダ(スペイン)

ローゼンボリ(ノルウェー)

バルダル(マケドニア)