「ゴンドラの唄」ピアノ弾き語りカバー動画はこちら

元・東京パフォーマンスドール、という異色の経歴のシンガーソングライター、大藤 史(おおとう・ふみ)が、12年ぶりにニューアルバム『shizuku』を10月11日に発売することが決定した。

大御所ミュージシャンにして、プロデューサー、アレンジャーとして大活躍中の松浦晃久が、旧知のシンガーソングライターの大藤史のインディーズ盤をプロデュース。自由で奔放なサウンドメイキングで、大藤史のゆったりとメロディアスな癒やしの楽曲集を美しく引き立てている。

さらに新しいアーティスト写真も公開。真っ白な世界観の中で微笑む姿が、透明感溢れる優しいビジュアルに仕上がっている。

大藤 史は、1998年に「季節を抱きしめて」でソロデビュー。同年、テレビアニメ『ポポロクロイス物語』テーマ曲「風の魔法」をリリース。こちらもアニメ・ゲームファンに長く愛され、2007年にはアイドルマスターシリーズでカバーされている。

その後は作曲家として楽曲提供を続けており、最近では乃木坂46「ここじゃないどこか」(NHK BSプレミアム『うさぎのモフィ』エンディング2012)などがある。さらに、ライブ活動を再開させる傍ら、合唱曲や舞台音楽など、地道に活動の幅を広げている。定期的にピアノ弾き語り動画も公開中。こちらも要チェックだ。

半年ぶりのライブも決定している大藤 史の、12年ぶりのニューアルバム『shizuku』に注目だ。



リリース情報



2017.10.11 ON SALE

ALBUM『shizuku』

大藤 史 OFFICIAL WEBSITE

http://www.fumioto.com/index.html