W杯出場の韓国、FIFAランクは51位【写真:Getty Images】

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は14日、最新のFIFAランキングを発表した。韓国は再び50位以下に転落している。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で苦しんでいた韓国は、今年7月に43位から51位に大きく順位を落とし、2014年10月以来となるアジア4番手に後退していた。

 その後、韓国はわずかに順位を上げて8月の発表では49位となっていたが、先月31日のイラン戦と今月5日のウズベキスタン戦では得点を奪えず2戦連続のドロー。W杯出場権を獲得したものの、ランキングポイントは稼げず、51位に順位を落としている。

 W杯出場が決まったものの、悲観的な見方が多い現在の韓国代表。来年の本番までにどのようなチームをつくるだろうか。

 最新のFIFAランキング、アジア上位5ヶ国は以下のとおり。

25.イラン
40.日本
50.オーストラリア
51.韓国
53.サウジアラビア

text by 編集部