【ソウル=中島健太郎】韓国空軍は12日、黄海で空対地誘導ミサイル「タウルス」(射程500キロ・メートル)の発射試験を初めて行い成功した。

 空軍が13日に発表した。挑発を続ける北朝鮮に対し、韓国軍の精密攻撃能力を示す狙いがある。F15戦闘機から発射されたタウルスは約400キロ・メートル飛行し標的に命中した。

 タウルスはドイツ製のミサイルで、敵のレーダー網に探知されにくい「ステルス性」が高い。軍用の全地球測位システム(GPS)が装着され、目標を半径3メートル以内の誤差で攻撃することができる。3メートルの厚さの鉄筋コンクリートを貫通する破壊力を持つ。

 北朝鮮で韓国へのミサイル攻撃などの兆候がみられた場合、韓国軍は先制攻撃の主力兵器としてタウルスを使う方針で、約260発の配備が決まっている。