正露丸の危機を救った男の「勝ち方」

写真拡大

「ラッパのマーク」でお馴染み、大幸薬品の正露丸は、現在も国内止瀉薬(ししゃやく)市場のシェア約50%を占める。だが、日本で発売されて100年以上続く伝統薬にも大きな危機があった。「正露丸には発がん性がある」という疑惑だ。それを払拭したのが、4代目社長の柴田高である。

大幸薬品創業家の三男として生まれた柴田は小学生時代、「老舗に兄弟が多いのは揉め事のもと。別の道に行きなさい」と父に諭され、外科医を志す。しかし、研修先の大阪府立千里救命救急センターで、正露丸の未来を左右する出来事と出会った。1985年、エチオピア飢饉の医療支援から帰ってきたセンター所長の「正露丸ってすごい薬や。何で効くんや」という言葉だ。

「この質問に答えられなければ、大幸薬品も正露丸も消えゆく」と気づいた柴田は、正露丸の有効成分である「木(もく)クレオソート」の作用メカニズム解明プロジェクトを当時の社長だった父に提案する。

実は、木クレオソートの歴史は古い。紀元前にミイラの保存に使用され、19世紀にはドイツで化膿傷の治療や防腐剤、下痢止めとして重用された。日本では1902年、中島佐一薬房が「忠勇征露丸」の名で初めて販売を開始、2年後の日露戦争で陸海軍の常備薬に採用されて成功を収めている。戦後、製造・販売権を継承した柴田の祖父は、「露(ロシア)を征する」という意味だった名称を、「正露丸」と変えて売り出したというわけだ。

木クレオソートの安全性・有効性を明確にするため、父は91年に研究所を設立し、薬理効果のデータ収集や発がん性試験を実施した。よって、発がん性の高い石炭クレオソートと、樹木を炭化させてつくった木クレオソートの誤認混同も解消され、2014年には日本薬局方で化学物質から生薬に移行された。

「古き良き伝統薬を最新のサイエンスによってエビデンスを明らかにし、時代に合わせたかたちで提供しつづけていくことは、医療全体を豊かにするひとつの重要なテーマだと思います」と柴田は語る。

もちろん、医学博士号を取得し、一般外科医として働いていた柴田自身も、この正露丸の薬効研究に加わっていた。「外科医はスポーツ選手に似たところがあって、現役は50歳くらいまで。そこからは体力、判断力が衰えてきますから、外科医のかたわら、会社も手伝っていました」。

当時は正露丸をつくってテレビCMさえ打てばどんどん売れた。おかげで社内の人材の入れ替わりは少なく、新しいことに挑戦するのはご法度という雰囲気だったという。そんな社風に危機を感じた柴田は、正露丸の疑惑が解決すると、同研究所で「感染管理」という新しい事業分野を開拓した。

製品の元となるアイデアは、医師時代に知人がタバコの消臭剤として開発した二酸化塩素のゲル。二酸化塩素が消臭・除菌・防カビ効果を持つことは早くから知られていたが、このゲルが病院の解剖室の浮遊菌を減少させたことに柴田は驚愕。研究と実験を繰り返し、二酸化塩素の濃度をコントロール、居住空間での使用を可能にしたのである。

「”二足のわらじ”戦略なんですよ」と柴田は笑う。「リスクを伴った大勝負をかけるときは、当然負けることも想定する。だからひとつ撤退してもいいように、逃げ道を残す。そういう意味で、私は医師でありながら経営者でもある。会社には正露丸を中心とした医薬品事業と、二酸化塩素ガス特許技術を応用した感染管理事業の2本柱があるというわけです」

こうして05年に誕生した「クレベリン」は、ノロウイルスやインフルエンザなど病原微生物に対する予防、医療施設における院内感染の防止、ウイルスが原因とされるがんや難病の発生率の低減などが期待される。世界初の「空間除菌」の成功に、柴田は「ノーベル賞もの」と破顔する。実際、発売後は新型インフルエンザのパンデミックに遭遇し、売り上げは上々。3年後の株式公開への道のりがしかと見えた瞬間だった。

「例えばイギリス政府は『2050年までに抗生物質の効かないスーパー耐性菌が流行し、年間1000万人を死に至らしめるだろう』という予測を立てています。将来のリスクに対し、自社のいちばん得意な領域が何であるか、そのコアは何かを見極めれば、自ずとリソースの配分は変わる。やはり、人がいま成功している分野には絶対に行くべきではないですね。二番手は結局、周回遅れですから」

柴田 高(しばた・たかし)◎大幸薬品代表取締役社長。1956年、大阪府生まれ。川崎医科大学を卒業し、大阪大学医学部第二外科に入局。府立千里救命救急センターなどに勤務後、2004年に大幸薬品に入社し、取締役副社長に就任。10年より現職。17年6月より、大阪大学大学院医学系研究家招聘教授に就任。