武蔵境からJR中央線の線路と分岐し、白糸台、是政へと至る西武多摩川線。1917(大正6)年10月22日に、多摩鉄道 境〜北多磨(現 白糸台)間が開業し、西武鉄道の多摩川線へと遷り変わり、ことしで100年をむかえます。これにあわせ、沿線では記念行事が行われます。

西武鉄道は、9月29日〜12月31日を「多摩川線開業100周年期間」と位置づけ、オリジナルヘッドマーク(シール)を付けた電車を3編成運転。

そのほか、記念乗車券(硬券)の発売(9/29〜)、こども1日駅長体験(10/22)、多摩川線武蔵境駅構内4番ホームでの多摩川線開業100周年記念イベント(10/29)、改札鋏でパッチンラリー(10/29〜12/3)などが行われます。

さらに、西武グループの伊豆箱根鉄道も、創立100周年をむかえるのにあわせ、コラボレーション企画も実施。西武鉄道101系を伊豆箱根鉄道1300系と同色にし、コラボレーションヘッドマークを付けた電車を1編成運転します。